明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 伏見稲荷大社 | トップページ | 播州山崎菖蒲園 »

2010年6月21日 (月)

何でもかんでも高齢者優遇は、止めるべきです。

患者の経済的な理由による治療の中断や中止が、この半年間に約4割の医療機関であったことが全国保険医団体連合会の調査で分かりました。
特に歯科診療所では半数近くに上ったそうです。

全国保険医団体連合会の宇佐美宏副会長は、「歯科は命に直結するわけではないので、医科よりも経済的な影響が強く出る。痛みが治まると受診しない人も少なくない」と指摘しています。

それは勿論のことですが、それだけではない気がします。
私は今現在、歯医者に通っています。
その歯科医院では半年に1回、定期検診のハガキを送ってきますので、それをもって歯科に通うわけですが、週一回の治療で約15回は通わされます。虫歯の有無に関係なくです。ちなみに週一回以上は出来ないそうです。
個人的には片方の歯の治療に何ヶ月もかけられると、治った頃にまた片方が悪くなりそうでナンセンスだと思っています。

話が逸れましたが要するに歯科と名の付くモノには他の病院とは違い、『目安』が出て来ないケースが非常に多いです。
通院期間や治療過程についても、あまり教えてくれないところが多いです。
面倒くさい上に、何ヶ月もかけてやられるしんどさ。おそらくその気になれば数回の治療で済むはずなのに...。ここらへんにも理由がある気がしてやみません。
現代人は忙しいのです。

もっとも、経済的な理由...というのは非常に心配ですね。
何でもかんでも高齢者優遇、若者は財布っていう制度をやめて、裕福な高齢者は現役に近い負担をしてもらうべきでしょうね。そうでなくても年金なんて今の現役世代は貰えないのですから...。

ランキング上位を目指しています!クリックお願いします!!

お願いします!

税金や経理事務、記帳に関するご相談は、当事務所まで お気軽にご相談下さいhttp://homepage3.nifty.com/shirokumanidaime/

« 伏見稲荷大社 | トップページ | 播州山崎菖蒲園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/48686842

この記事へのトラックバック一覧です: 何でもかんでも高齢者優遇は、止めるべきです。:

« 伏見稲荷大社 | トップページ | 播州山崎菖蒲園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック