明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« ちづちゃんの花園 2011 | トップページ | 桜紀行 フイナーレ ~半木の道・竜安寺~ »

2011年5月 1日 (日)

被災地の役人

福島県は「がんばろう ふくしま!」というロゴ入りバッジを約2000個作製し、災害対策本部や県警、消防、自衛隊など震災復興関係の仕事に従事する職員らに配布したそうです。

最終的には計約1万個を作製、配布するとの事でゆくゆくは名刺にも順次同様のロゴを入れる予定だとの事。

県広報課の阿部主幹は「復興に向けて、関係者が気持ちを一つにするために考案した。多くの人に着けてもらいたい」と話したそうです。

んーもう義援金要らないんでしょうかね。上層部の人間は。

世界中の「福島がんばれ」という感情をかえって逆撫ではしないでしょうか?

原発受入れの恩恵(雇用や受入負担金等)で実は経済的に豊かだったといわれる福島県。

TVに登場するや否や「“一方的な”被害者面」する知事の姿に違和感を覚えた方もいらっしゃるでしょう...。

もちろん、今回の東電の事故原因は自然災害に依るところも多いです。しかし、実は民主党、東電、保安院等を始めとする官公庁などの人的なミスも多数あり、その辺りがしっかりしていればここまで酷くはならなかったというのが大方の見方のようですね。

その官公庁である福島県がナゾのバッジ作製。

これは義援金の使い方に対する「ミス」と言えるでしょう。

先ほど調べましたが、オリジナルでバッジを作ると1個あたり3~600円かかるようです。

官公庁の事なので600円発注でしょうから、計6,000,000円。世界中の「福島がんばれ」という感情をかえって逆撫ではしないでしょうか?

Dsc05599

« ちづちゃんの花園 2011 | トップページ | 桜紀行 フイナーレ ~半木の道・竜安寺~ »

日記・雑感」カテゴリの記事

コメント

え~!!!
詳細はよくわかりませんが、私には理解しがたいです…。
救援・復興の為に尽力していただいている方々には、そりゃもちろん頑張っていただきたいですが、バッジ必要かな…(-_-メ)
避難所の女の子が自衛隊の方に渡したお手紙のほうが、何倍もパワーがあると思います。そのお手紙は、コピーされて近辺で活動されている隊員にも配られているとのこと。

そういう事を、「現場も見てないくせに」と、もし言われるのであれば、一体、どんな人に「言う権利」があるのでしょうか。選挙に行き、納税している国民には皆、お金の使い道を主張する権利があると思うのですが…。

loveletterかみとく様

コメントありがとうございます。

本当にdash、役人のすることは理解しがたいことが多いです。

机上でのみ考えるからこのようなことになるのでしょうかsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/51517168

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地の役人:

« ちづちゃんの花園 2011 | トップページ | 桜紀行 フイナーレ ~半木の道・竜安寺~ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック