明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 夏のお出かけ隊 香味徳 | トップページ | きてや »

2011年8月24日 (水)

飲酒運転ナゼ増加??

福岡と言えば、飲酒運転の車に追突された車が海に転落し幼児3人が死亡した事故
でお馴染みの県。

2006年でしたかね?

10年前と比べ我が国の飲酒運転事故件数は約5分の1に減少したそうですが、福岡県では08年を境になぜか増加しているそうです。car

2010年度の飲酒運転事故件数は337件で全国ワーストだったそうです。

今年も2月に粕屋町で16歳の男子高校生2人が酒気帯びの居眠り運転の車にはねられ死亡するなど、6月末時点で既に149件だそうです。

今年になって福岡県警は提供側の店を指導する「イエローカード」を作成、これには客への対応策や酒類を提供した場合の罰則内容などが記載され、店側が「飲酒運転撲滅宣言書」に署名して県警に提出。

道交法違反(酒類提供)容疑での立件に至らない場合でも、カードを渡すことで注意を促すとの事。

5~7月で既に63店舗に警告しており、交通企画課は「『店に張れば注意しやすい』との声もあり、抑止力になるのではないか」と期待しているとの事ですが...。

いかに警察という組織にヤル気がないのかが見て取れる記事ですね。

まず「イエローカード」とか言っている時点で論外です。一発レッドだと思いますが。お粗末とはまさにこのこと。

「飲酒運転撲滅宣言書」というのもいかにも警察組織の好きそうな、且つ意味のないシロモノとなりそうですね。

抑止力うんぬんでは無く、0件にしなければならないものなので、そんな宣言書よりも厳罰化が一番です。

ネズミ捕り(スピード違反取り締まり)よりも違反点数、罰金を大幅に引き上げたら良いだけの話です。sign03

飲酒運転=生涯免許失効
呼気帯び=10年失効
プラス罰金500万円。ぐらいで良いでしょうね。

飲食店には大変申し訳ないのですが、居酒屋に駐車場なんかを設けている時点で未必の故意とも取れるわけですから、我慢して頂きたいものです...。

しかし...なぜ増加したのでしょうか?

Dsc01464

« 夏のお出かけ隊 香味徳 | トップページ | きてや »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/52564529

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒運転ナゼ増加??:

« 夏のお出かけ隊 香味徳 | トップページ | きてや »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック