明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月23日 (金)

万葉の旅

9月のある日曜日、お出かけ隊隊長は、奈良県の明日香村へ・・・・・・

いきなり万葉集に触発されてですが・・・・・

明日香村に有る「万葉文化館」に行く前に、まずは「石舞台古墳」を見学しました。

Dsc01721

石舞台古墳は、飛鳥歴史公園内の中央に位置するわが国最大の方墳です。

30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で、造られた当時の優れた土木・運搬技術の高さがうかがわれます。

Dsc01739

石舞台古墳は、墳丘の盛土が全く残っておらず、巨大な両袖式の横穴式石室が露呈しているという独特の形状で有名な、わが国における代表的な方墳です。
天井席の上面が広く平らで、まるで舞台のように見えるその形状から古くから「石舞台」と呼ばれています。
被葬者は明らかではありませんが、7世紀初頭の権力者で、大化の改新で滅ぼされた蘇我入鹿の祖父でもある蘇我馬子の墓ではないかといわれています。

Dsc01745

石舞台の下は、入って見学できます。

Dsc01747

隊長も入ってみることに・・・・・

Dsc01758

重厚な造りで、心持か涼しいです。

Dsc01771

飛鳥時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。

Dsc01778

白雲の 熊いずこより来たりしか 石の舞台に想いはせなん

Dsc01789

暑いのでソフトクリームでも・・・・・

Dsc01800

昼食は、「古代米」のおにぎりを・・・・・

Dsc01805

さて、いよいよ「万葉文化館」の見学です。

Dsc01807

奈良県のイメージキャラクター、「せんとくん」がお出迎えしてくれます。

万葉文化館は、日本の古代文化に関する調査・研究機能(万葉古代学研究所)、万葉に関する文化の振興を図る展示機能(万葉ミュージアム)、万葉集に関する情報の収集提供を行う図書・情報サービス機能(万葉図書・情報室)を併せ持つとともに、事前の発掘調査で明らかにされた文化財についても、その保存に努めるとともに、復原展示などで創造的に活用することにより、遺跡と共存する総合文化施設をめざしています。

Dsc01818

地下の展示場に入るとまず「歌の広場」があります。

 Dsc01819

海石榴市をはじめ東市、西市、軽市などをイメージした古代の市空間を再現

個々の小屋に展示ユニットを配し、「声」で歌われた古代の歌から「文字」で表現された歌、アジアの歌など、万葉歌を中心とした様々な歌に出会えます。

Dsc01825

歌垣に興じる男女、市の人々などのシーンを再現したり、歌垣に始まり、万葉時代までの掛け歌の系譜を映像で紹介したり、パソコンを使ったクイズ形式のゲームがあったりと古代空間を体感できます。

Dsc01827

Dsc01830

二代目隊長も、飛鳥時代に紛れ込み、万葉の世界を体験。

Dsc01843

また、「万葉劇場」と呼ばれるシアターがあり、万葉歌人の歌をもとに、それぞれの歌人の個性や心情、人間関係や時代背景などをとりあげ、人形、映像、アニメーションなどの複合的な手法で紹介。能や雅楽をはじめとした日本の伝統芸能のエッセンスを抽出し、新しい創作歌劇として現代に生まれ変わらせています。

プログラムは、人形と映像による歌劇「額田王」と「柿本人麻呂」、アニメーション「万葉のふるさと」の3本立てです。

残念ながら、写真撮影は禁止でしたが、隊長、万葉の歌劇を堪能しました。

Dsc01853 

休日で有りながら、見学者が非常に少なく、ゆっくりと自分のスタイル(やりたい放題)で見学でき、非常に有意義な一日でした。

2011年9月21日 (水)

復興は一日にしてならず

アイドルグループAKB48による東日本大震災復興支援「誰かのために」プロジェクトは15日、発足後半年で総額6億6891万6085円の義援金を日本赤十字社を通じて寄付したことを発表。

義援金の呼びかけや被災地慰問など精力的な支援活動を行ってきたAKB48は、今後も支援継続を表明しました。

個人的には特に興味もないし、歌もちゃんと聴いたことは一度もありませんが、これは偉業です。素晴らしい事です。

″チャリティ番組″24時間テレビは、制作費(ギャラ含む)に10億以上掛けて2~3億円の募金ですからね。

内訳を見ると多くが握手会?会場での募金のようですが、彼女たちの呼びかけによって多くの人間、それもメインターゲットであろう若年層の募金が集まったことは素直に褒め称えるべきです。

もちろん、AKB48のごり押しメディア占拠、インチキCDを大量に売る商法は感心しませんが...。

最後になりますが、こういう記事が出るとそれはAKBじゃなくてファンの金だろ!ってやっかみ言う人がいますが、公務員が行なう寄付だってもとは国民の税金から出ているので言いっこナシです。

やらぬ善よりやる偽善です。

余談ですが当事務所には、ゲロパンA、ゲロパンK、ゲロパンB がいます。

GPN48といきたいところですが、48匹もぬいぐるみはいりません。sign03

Dsc09644

2011年9月17日 (土)

甚大な爪あと...台風12号

和歌山市と紀伊半島沿岸部などを結ぶJR紀勢線の橋4カ所が台風12号の豪雨で流されるなど甚大な被害を受け、全線復旧までに最短でも半年かかるそうです。

橋の修復は水量の少ない冬場を選んで工事しなければならないためで、JR西日本では「復旧計画は立っていない」との事。

熊野-白浜間の約120キロでは当面運休が続くようです...。

白熊二代目の故郷、秋吉台の沿線美祢線も先月復旧したばかり(およそ10ヶ月)ですし、一刻も早い完全復旧が待たれますね。

死者とか行方不明者とかこのところ東北大震災でマヒしがちだったんですが、今回の台風12号では50人近くの死者が出ているんですよねぇ...。

とくに和歌山あたりは兵庫県や東北と違って鉄道が1本しかないですからね。

白浜や那智勝浦の旅館・ホテルは軒並み閑古鳥が鳴いていると言いますし、心配です...。

2011年9月16日 (金)

「原子力損害賠償支援機構法(別名:東電支援法)」の成立に伴い

このほど東京電力が福島原発事故による被害の補償基準を明らかにしましたね。

被害者を「政府による避難等の指示等」「風評被害」「間接被害」「放射線被曝」などに区分し、
それぞれ生命や身体的損害や就労不能による損害、検査費用、漁業・農業・商店などの営業損害を細かく設定して補償金額を提示したとの事。

避難については、同一圏内の移動で1回あたり1人5000円を原則として支払い、宿泊については8000円を上限に領収書の金額を実費として支払うそうです。

例えば夫が会社員、妻が専業主婦で子どもが2名の4人家族の場合、今回の基準に照らし合わせると就労不能に伴う損害が162万円、精神的損害で280万円、その他含めた総支払額は451万5000円となるようです。

自社の事故なのに大気・土壌汚染を起こしても全補償する気もなく、更には計画停電や節電などで国民に嘘をつき、おまけにに値上げをしようとする東電。

いままで散々公共インフラの名の下に好き勝手やってきたのだから、ここは被害者のかかった経費を全額まで面倒を見るのが筋ではないのでしょうか?

もちろんこういった全額保障...などには無茶を言う『モンスター被災者』が発生しうる話なので『税金』は使ってはいけません。

当面は東電の資産の売却や、清水社長の5億円とも言われる退職金でまかなってはいかがでしょうか?

余談ですが、家財の損失や休業補償や補償財源はどうなるのでしょうか??

疑問はつきません。

2011年9月 8日 (木)

きてや

8月が終り、台風が過ぎ、9月もはや7日・・・・・・・・

ブログの更新がストップしたままsweat02月日は容赦なく過ぎてゆきます・・・・・・

忙しかった夏が終わり、朝晩はめっきりと涼しくなりました。

さて昨日は、大阪での仕事の帰り、トニーと久しぶりに居酒屋へ行きました。

Dsc01658

大阪西中島の焼き鳥屋「きてや」さんです・・・・

このお店にはもうかれこれ8年ほど通っています。といっても、2~3ヵ月に1度くらいしか来店できませんがとにかく贔屓にしております。

Dsc01659

カウンターで焼き鳥をいただきながら麦焼酎を1杯・・・・至福のひと時です。

Dsc01663

メニューも豊富でついついお酒が進みdash

それに比例して体重もUpimpact

Dsc01669

この日は、キャベツの盛り合わせから始まり、鳥刺し三種盛り、焼き鳥(ささみ・ずり・きも・つくね・かわ・せせり・しんぞう)、もちベーコン、 じゃがサラダ・ポテトフライ・焼きおにぎりと食べまくり(主にトニーが・・・・ですが) 久々に大満足。 癒されました。shine

Dsc01675

二代目隊長も麦焼酎で一杯・・・・

Dsc01678

飲んだくれましたsign03

Dsc01688

ちなみに、一番好きなメニューは「ささみの刺身」。

とにかく、このお店は、大阪へ来る楽しみの一つです。

いつまでも繁盛してください・・・・・・

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック