明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月14日 (火)

St.バレンタインデー

バレンタインデー限定、特別ミニ会席shine

Dsc08409

忙しい日々が続くと、このような下らないことをやってみたくなります・・・sweat01

2012年2月13日 (月)

お出かけ隊Final 冬の長谷寺

先週の日曜日、冬眠前のお出かけ隊長白熊二代目のたっての願いで奈良県桜井市の長谷寺へ遠征してまいりました。

2月に入り、確定申告業務も忙しさが増し、お出かけどころではなくなるのでその前・・・・・・というわけです。

Dsc08293

まずは、車のご祈祷を受けるため、三輪大神神社へ向かいました。

Dsc08299

日曜日ということもあり、自動車お祓い所(ご祈祷)は大変混雑しておりました。

丁寧なお祓いを受け、自動車運転はとりあえず一安心。

Dsc08305

これと言った理由もなく、桜井市役所に立ち寄り、続いて長谷寺へ向かいます。

Dsc08308

長谷寺参道の食堂で「よもぎうどん」の昼食。

Dsc08312

長谷寺は、真言宗豊山派の総本山、 また西国三十三観音霊場第八番札所。

源氏物語枕草子更級日記などの古典文学にも登場する由緒あるお寺です。

Dsc08315

長谷寺は平安時代中期以降、観音霊場として貴族の信仰を集めました。

参道の奥に堂々たる山門の仁王門が見えます。

Dsc08323

長谷寺は、初瀬山の山麓から中腹にかけて伽藍が広がります。

というわけで、入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう、屋根付きの階段)を上ることになります。

Dsc08328

長谷寺は、「花の御寺」と呼ばれ、その名のごとく、桜、牡丹、アジサイ、そして紅葉と、四季を通じて境内は季節の花々で美しく彩られます。

今は、寒牡丹の季節。

色とりどりの牡丹の花が咲いており、冬枯れの山に色彩を放ちます。

Dsc08343

春には桜で彩られる五重の塔も冬はご覧の通り・・・・・

Dsc08349

前回は、新緑の季節に訪れました・・・・・

桜の季節にまたぜひ訪れたいものです。

Dsc08365

お参りの後は、名物の「くさ福餅」を買いに白酒屋さんへ・・・・

Dsc08367

くさ餅をひとつひとつ目の前で焼いてくれます。

焼きだけでなく、のくさ餅も有り、どちらも非常に美味sign03

大好きな和菓子のひとつですhappy01

Dsc08372

かくして、お土産も購入し、大満足の二代目隊長。

はたして、3月15日までおとなしく冬眠していただけますでしようか・・・・・sweat01

2012年2月12日 (日)

寒い夜は・・・・・

寒い日が続くと体調を崩しがちです・・・・・・

先週金曜日にとうとう発熱してしまいましたsign03

顧問先様を訪問して事務所に帰り、なんか変だなと思っていたら・・・・・・

夕方、熱つぽいので体温を計ってみたら37.5℃の微熱がimpact

即座に、トニーによって病院hospitalに担ぎ込まれ注射をうってもらい薬をいただき土曜日は一日安静に寝ておりましたpaper

早めの対策のせいで今日は熱も下がり、インフルエンザの疑いも晴れ、一安心です。

というわけで、寒い日は「きてや」さんの温かいお料理が恋しいです。

以下は、先々週に行った時の写真ですが・・・・

Dsc08275

まずは、熱燗で一杯bottle

Dsc08283

そして、ホルモン鍋を・・・・・・

Dsc08286

焼き鳥と焼酎のお湯割りで至福のひと時・・・・・・

早く再訪したいですね~heart04

2012年2月10日 (金)

消費税税導入までの時間稼ぎ?

民主党は9日、厚生労働部門会議の医療介護・年金合同作業チームを開き、パートなど短時間労働者への厚生年金と企業健保の適用拡大策について大枠を固めました。

現行で労働時間が「週30時間以上」となっている適用基準を「週20時間以上」に緩和した上、全ての事業所で6カ月以上働く年収65万円以上の人を対象とする方針で、これにより新たに300万人以上が加入する形となります。

ただ、一気に適用を拡大すると、企業が納める保険料負担が増えるため、2015年度以降の段階的な実現を目指すとの事。

突っ込みどころが多すぎて話になりません。sign03

狂気の沙汰とでも言いましょうか。impact

まずこんなもの大多数の企業が素直に応じるはずが無いので300万人も増えませんし既に限界までやりくりしている中小企業に対する更なる負担増(保険料は会社が折半していますから)で日本の経済・雇用・生活レベルが下がるところまで下がり、ダメ押しの消費税増税、電気代の値上げ等で完全に日本が終わります。

その前に(当たり前のことなんですが)、これが恐ろしいのは「給付」ではなくあくまで「加入」の話であること。

年収65万円の人から保険金徴収して、団塊世代の年600万円の年金の支払に充てる政策ですからね。

完全に狂っているとしか思えません。

年間65万円の月収は約5.4万円です。

現行料率で計算すると、年金・健保で個人から約1万円『徴収』され手取り4.4万円です。この数字が何を意味するのか?

つまりは、働けば働くほど貧しくなる生活がすぐそこまで来ています。

年金をどうのこうの言う前に...例えば200万人いる生活保護者の見直しが先決でしょう!!

手取り13~15万円の若者がごろごろいる時代に、生活保護者が月に17万円(平均)貰う事は果たして法の下の平等と言えるのでしょうか?

まじめに働くよりも生活保護もらった方が良い生活が出来ると言うのは明らかにおかしいのではないのでしょうか?

在日特権や各種利権を野放しにこんな事を思いつくとは...

本当にすばらしい税と社会保険の一体(負担増)計画ですねぇ。

Dsc08235

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック