明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

底の浅さが露呈したようで

自民党の石原伸晃幹事長は9月の13日に出演したTV番組で、東電の福島第1原発事故による汚染土の処理に関して「福島県郡山市の校庭では、放射能を浴びた土の表面が取り除かれ山のように隅に置いている。それを運ぶところは福島原発の第1サティアンしかないと思う」と述べたそうです。

ご存じの通り、これはオウム真理教が猛毒サリンの製造などを行った施設の名称を引用したもので、結局自民党は自民党でした、と言わざるを得ない低レベルな発言です。

言葉を選んで発言出来る能力が政治家の資質の一つなら、この人は間違いなく今日にでも議員辞職レベル。所詮は絆だ助け合いだの言いながら、福島をこういう目でしか見ていないという事です。

ついでに言えば第1サティアンなんて言葉、普段から意識するか発言していないとなかなか出てこないですからね...。

やはり石原伸晃は長老たちのただの操り人形なのでしょうか。

本物の「政治家」って日本にいないのでしょうか。

とりあえずは日本のトップになる前に堕落して良かったです。

次の選挙では自民党と維新の会が大躍進するのでしょう。しかし、忘れないで下さい。

そもそも領土問題も東電の安全問題も放置していたのは自民党です。

また、維新の会の橋下以外のメンバーは多くは政治に関して民主党以下の素人が揃っている上、橋下は外国人参政権に賛成です。

先日も永住外国人に対して参政権の議論をする余地はある旨の発言をされていました。

維新の会に対する支援団体の多くは半島系企業です。

3年ほど前の民主党ブームの様に今の維新ブームを捉えるべきです。

とりあえず、日本のトップが安倍さんで良かったです。

Dsc00586

2012年9月26日 (水)

宗教法人について②

また、宗教法人としての税金で忘れてはならないのは源泉所得税がかかるという事です。

宗教法人の源泉所得税の税務調査は実はよくあります。


公益法人等は、収益事業を営まなくても、給与を支払っている場合には、その給与に対しての源泉徴収義務が生じます。

税務調査の結果をみると、宗教法人自体の様々な収入を隠して、宗教法人に収入の記録を残さず、家族などの名義で預金していたとか、銀行、証券会社を調査(反面調査ですね)したところ、戒名料、塔婆料、葬儀・法要のお布施料を仮名預金が発見されたケースなどはよくあるそうです。

これらは当然、住職等の所得と認定され、所得税の課税および過少申告加算税または無申告加算税または重加算税(税額の40%)が課せられます。

重加算税は税額の40%です。

基本的には収入はいったん宗教法人へ入金し、宗教法人会計から給与として支払うことになります。

ちなみに収入金額に関わりなく、役員名簿と財産目録については毎年提出する必要があります。

しかし最大の難点は宗教活動の実態です。どういった活動をしているのかが具体的に明らかにされない限り、新設の宗教法人など決して認められません。


また宗教法人には単位宗教法人と包括宗教法人があり...

...安易に手を出すものでは無いと思われます。

Dsc00462

2012年9月25日 (火)

宗教法人について①

実は最近、私の周りで宗教法人をやりたい!という方がいらっしゃいまして、その方向けに...


という訳ではありませんが、私個人でも分からない事が多々ありまして少し調べましたので
簡単ではありますが解説してみます。

宗教法人は特別法である宗教法人法(昭和26年制定)により設立される公益法人です。


公益法人はその設立については主務官庁の認証を必要とし、設立認証後は規則等を変更するときは、主務官庁(文化庁または都道府県)の認証を受けなければなりません。

宗教法人法第25条では「財産目録」の作成を義務付けていますが、過去に於いて一部の宗教法人では貸借対照表と収支計算書の作成は義務付けていないと解釈され、財産目録と収支計算書だけが財務に関する帳簿と考えられているようです。


もちろん現在では貸借対照表と損益計算書は当然必要となっております。

宗教法人のメリット?として良く挙げられるのは「税金払わなくて良いんでしょ!!」という所でしょうが実際はそうではありません。


実際は固定資産税くらいでしょう。


確かに、法人税法は、課税の観点から「公益法人課税」の規定をもち、公益法人に対する課税を一般の法人課税と区分していますが、収益事業には課税されます。

収益事業を行う場合、収益事業を収益事業以外と区分して経理することが求められることになります。

法人税法では、決算から2ヶ月以内に確定申告書に貸借対照表および損益計算書等の書類を添付しなければなりません。

収益事業とは、次の33の事業(付随して営まれるものを含む)で、継続して事業場を設けて営まれるものをいう(法人税法第2条13号、施行令5条1項)、としています。

1.物品販売業、2.不動産販売業、3.金銭貸付業、4.物品貸付業、5.不動産貸付業、6.製造業、7.通信業、8.運送業、9.倉庫業、10.請負業、11.印刷業、12.出版業、13.写真業、14.席貸業、15.旅館業、16.料理店業その他の飲食業、17.周旋業、18.代理業、19.仲立業、20.問屋業、21.鉱業、22.土石採取業、23.浴場業、24.理容業、25.美容業、26.興行業、27.遊技所業、28.遊覧所業、29.医療保険業、30.洋裁、和裁、着物着付け、編物、手芸、料理、理容、美容、茶道、生花、演劇、園芸、舞踊、舞踏、音楽、絵画、書道、写真、工芸、デザイン、自動車操縦若しくは小型船舶の操縦(以下、技芸という)の教授、
31. 駐車場業、32.信用保証業、33.その他工業所有権その他の技術に関する権利又は著作権の譲渡又は提供を行う事業

上記の業種を行っていれば課税するというのではなく、二つの要件を満たしている場合に課税します。

(1)継続して営まれており
(2)事業場を設けて営まれるという要件を満たしている事業が収益事業となります。


一回限りの取引で、継続して営まれないものは含まれませんし、事業場を設けていない場合などは該当しません。


このあたりはあまり知られていないのではないのでしょうか!?

つづく


Dsc00456_2

2012年9月24日 (月)

お出かけ隊 復活① 永平寺

お出かけ隊が活動を休止してからもう2ヶ月sweat01

二代目隊長、虎視眈々と復活の時期を見計らっておりました・・・・・・・・


9月のとある3連休の静かな朝

のんびりと朝寝をしようとしていたら

一言、「行くんじゃsign03」の雄たけびがimpact

Dsc00238

というわけで、あてもなく車を走らせ、舞鶴若狭自動車道の終点「小浜」へ到着。


急なお出かけになったため、急いで宿泊先を探した結果、敦賀にしか予算に見合うホテルが無かったため、ここからさらに車を走らせます。

どうせなら、福井県の永平寺へお参りしようということになり、さらに80㎞・・・・・・

Dsc00240

午後1時過ぎに永平寺に到着。

まずは、昼食。 

福井名物の「おろしそば」をいただきました。

そばつゆに、大根の汁が入っており、辛味がなんともいえない美味しさshine

またの機会に、これだけでも食べに来たいです。


Dsc00247

曹洞宗大本山永平寺。

この御寺は今から約750年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創建された出家参禅の道場です。

Dsc00251

33万平方メートルにも及ぶ広大な敷地に、山門・仏殿・法堂・僧堂・大庫院・浴室・東司などの 修行の中心となる「七堂伽藍」 など、70余棟の建物が、樹齢600年を越える老杉の巨木に囲まれながら 静かにたたずんでいます。

150名の雲水たちによって、荘厳な雰囲気の中、 今も750年前に道元によって定められた厳しい作法に従って禅の修行が営まれています。

Dsc00259

さて、二代目隊長少しばかり緊張の面持ちで入山いたします。

Dsc00264

ここは、修行の場所

決まりを守って静かに参拝いたしましょう。

お参りの心得
1 参拝にふさわしい服装で静かに左側通行を願います。
 1 酒に酔った人、他人に迷惑をかける行為をなす者の参拝はお断りします 。

 1 喫煙所(吉祥閣ロビー)以外は禁煙です。
 1 鐘、太鼓など鳴らし物には触れないでください。
 1 カメラを修行僧に向けないでください。ただし建物や風景は差し支えあ りません。
 1 参拝中、建物の外へは出ないでください。 

Dsc00283

内部は、比較的自由に拝観させていただけます。
 

Dsc00287

ここは僧堂。

修行僧の方たちが座禅を組んだり食事をする場所です。

Dsc00294

永平寺の七堂伽藍は鎌倉時代の中頃から、急斜面を開いて漸々に築かれたらしいです。

したがって、各伽藍は階段でつながれております。

Dsc00307

建物の内外問わず、手入れが行き届いており、修行の厳しさが忍ばれます。

Dsc00312

新人の白熊十二代目です。まだまだ修行の日々をすごしております。

直系白熊も早や十二代まできました・・・・・・

Dsc00318

禅寺に夏の名残りの蝉しぐれ

参拝を終え清々しい気分で下山します。

Dsc00320

永平寺の門前町をそぞろ歩きながら次のお出かけの策を練る二代目隊長。

明日は何処へ行くのでしょうか・・・・・・・



つづく

2012年9月23日 (日)

お出かけ隊の季節 ~ だいまるしようゆ さん ~

ブログの更新をお休みしている間に、季節は夏yachtから秋mapleに変わりました・・・・・・・

夏の間は、耐えがたきを耐えsweat02忍びがたきを忍んでいたdashお出かけ隊も、先週から活動を開始しました。

それに伴いブログも再開したいと思います。happy01

さて、昨日~今日にかけての連休は、先週に引き続き福井県の小浜へ行ってまいりました。

そして、帰りに京都府京丹後市弥栄町の「だいまるしようゆ」さんへ立ち寄りました。

http://daimarusyouyu.blogspot.com/p/blog-page_20.html

Dsc00540

こちらは、醤油の製造販売とCafeの営業を行っており、テレビのビフオーアフターでリフォームされたお店sign03

昨年の11月に訪れましたが、残念ながら営業時間外で入店できませんでした。crying

http://shirokumanidaime.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-b987.html

二代目隊長、はれてリベンジです。

Dsc00543

ちょうどランチタイムだったので、お食事をいただくことに・・・・・

「メニュー」は、エスプレッソやラテなどのドリンクやケーキなどのスウィーツなどを中心に、とても充実しています。

今日いただいたのは「焼きたて卵焼き&肉もろみのおにぎりのセット」¥500です。

Dsc00546

小付には、だいまるしょうゆさん特製の「もろみ」が付き、きゆうりと一緒にいただけます。

卵焼きがふんわりと仕上げられていて大変美味しかったです。

念願の「おしょうゆCafe」でランチができて大満足の二代目隊長。heart04

お土産に、お醤油の3点セットを購入し思い残すことなく家路につきました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック