明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

そして大晦日

いよいよ2012年も終わりです。

今年は本当に色々なことが有りました。think

特に9月から年末にかけて、ジェットコースターに乗っているような・・・・・・・・・

仕事面では税理士業を天命として受け入れ、自分の進む道が見えてきたこと。

そして、社会保険労務士試験に合格し、来年度から社労士としても開業できること。

トニーが一回り成長し、よき相棒となったこと・・・・・・

プライベートでは、自分自身を見つめなおし新しい世界が広がりつつあること・・・・・

いずれにしても来年は勝負の年punch

顧問先の方々の幸せと自分自身の成長が人生という名の列車の両輪と信じ2013年を素晴らしい年にしてゆきたいと思います。

白熊ブログに訪問してくださった皆様、今年は、故あって毎日の更新がままなりませんでしたが、来年も力いっぱい(二代目隊長はお出かけを)頑張りますのでなにとぞよろしくお願いいたします。shine

PS*

今年の年越しは、京都ですごす関係上、新年の更新は1月4日になると思います。

皆様、良いお年をお迎えください。

白熊二代目

Dsc00028

2012年12月29日 (土)

忘年会

忘年会の時期は、もう終わりですね・・・・・・

今年は、12月に入ってから交友関係が広がったせいか色々とお誘いが有りました。happy01

もちろん、お酒は大好きなので喜んで参加させていただきましたが・・・・・・

ふと気がつくと、ずいぶんと酒が弱くなったようです。

以前は、どんなに酔っても記憶をなくすことが無かったのにshine

先日は、不覚にも2次会の途中から記憶がなくなりましたimpact

幸い、トニーも同席していたので抱えられて事務所まで戻ったようですが・・・・・・

とにかく寂しい限りです・・・・・・・

Dsc00044

2012年12月28日 (金)

仕事納め

今日は、仕事納め・・・・・・・

2012年もいよいよ終わりに近づきました。

とりあえず、今年は良い年だったと思うことにしますhappy01

Dsc00066

2012年12月25日 (火)

真夜中のクリスマス

Dsc00064

とりあえず、メリークリスマス

2012年12月24日 (月)

クリスマスイブの夜は更けゆく・・・・・

Dsc00087

夜のハピネス 灯りに浮かぶ夢は すべて青く染まってゆくよ・・・・・・

2012年12月23日 (日)

100万円のクッキー

アイドルグループ・AKB48の篠田麻里子が手作りしたクッキーなどを含む非売品グッズセットが、Yahoo!オークションで100万円で落札され、ネット上で話題となっているようです。


オークションにかけられたグッズとは、篠田さん本人がプロデュースするファッションブランド「ricori」のレセプションパーティーで関係者にのみ配られたノベルティー。

篠田の手作りによるメッセージ付きのクッキーのほか、3万円相当のネックレスとスケジュール帳、外袋という4点セットで、クッキーについては、篠田自身が公式ブログ上で「1日300枚焼きます(笑)」「朝までクッキー焼くぞー」と、手作りする様子を写真付きで紹介していた。


篠田の手作り写真も存在するというプレミア付きのクッキーに、ファンが反応。

5日夜にオークションが開始され、終了前日の7日までは入札金額は3万円前後で停滞していたが、終了日となる8日に、なんと一気に100万円にまで高騰。最終的には100万1000円で落札されたそうです。

彼女たちのファンを「バカ」と呼ぶことは簡単です。

もちろん犯罪等で得たお金でなければ、人が何に使おうが勝手です。

自分が稼いだ金の使い道であれこれ言われるウザさは想像を絶するウザさだと思います。

子供の落書きのような絵にも実際に数千万の値段がつくこともありますし、落札者様が満足なら日本は平和です。

2012年12月19日 (水)

『誉』

未だ復興の進まない東日本大震災。

先日も強い余震があったところですね...3.11の恐怖が蘇った方も多かったのではないのでしょうか?

さて、その東日本大震災の身元不明の遺体捜査などを行う宮城県警の捜査班宛てに感動を伝える内容の手紙と現金3万円が届いていたことが10日明らかになりました。

差出人は「南十字星」とあり、消印は徳島県内。

県警によると、手紙には「捜査班の活動を紹介するテレビ番組を見て心が揺さぶられた」などと書かれていたそうです。

確かに、下半身だけの御遺体もあるといいますしね、捜査は難航極まりないことと存じます。

少し前にランドセルを施設に届ける現代版あしながおじさん「タイガーマスク」が流行りましたが、こうした奥ゆかしさ、和の心、これこそが日本人の美しさ、『誉』と呼ぶにふさわしい行いではないのでしょうか??

金額の多寡は関係ありません。その心が美しいのです。

何かと世知辛い、ギスギスした世の中ではありますが、日本人として決して美しい心は忘れたくないものです。

余談ですが、県警は遺骨安置所への献花代に充てることにしたそうです。県警も粋ですね。

Dsc00739

 

2012年12月18日 (火)

各携帯電話会社が日本と子供を食い物にしている件

デジタルアーツは、スマートフォンを含む携帯電話を持つ全国の小中高校生その保護者を対象にした利用実態調査を発表しました。

今回の調査で明らかになったのは、子供がスマートフォンを持つ割合が急増したこと、
フィルタリングの利用率が高校生になると減少することや現実での出会いを求める女子高生が増加したこと等、多岐にわたるそうで、調査の監修にあたった東京成徳大学の田村教授は「ネットで知り合った人と実際に会っている小中学生は少なからず存在する」とも語っています。

また、出会いには繋がらずとも、実際に顔を会わせたことがない相手に対してメールなどでやり取りしているうちに恋愛感情を持つケースも少なくないという事です。

何れにせよ、親のしつけや使い方を真剣に考える時期が(既に若干の手遅れ感はあるものの)きているようです。

思い起こせば周りの「親」と話すと「うちの子勉強しないんです」と深刻そうに言う方は多いのですが、そういう親の子供にかぎって携帯やスマホを持ってる子が多い。残念な事です。

そりゃあ倫理も常識も半人前の未成年にあんなツールは魅力的に決まっています

せめて使い方は考えないといけませんね...。

もっとも、未成年の性犯罪・凶悪犯罪の原因に児童ポルノやらソーシャルゲームやらがすぐやり玉に挙げられますが、それ以前にスマホの所持が全く問題視されないことに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

Dsc00583

2012年12月17日 (月)

秋のお出かけ隊2012 ⑧

さて、連休2日目は今回の旅の目的「黒部峡谷鉄道」にのります。

前日が雨だったので「明日も雨だったら黒部峡谷鉄道は中止sign03と二代目隊長に脅しをかけたら・・・・・・・

Dsc00178

見事に晴らしましたsunsunsunsunsun

Dsc00203

Dsc00211

黒部へ向かって車を走らせますrvcar

途中の「有磯海S・A」で休憩。

Dsc00219

宇奈月温泉に到着。

ここが黒部峡谷鉄道の始発駅ですtrain

Dsc00224

療養中のゲロパンDも張り切って参加・・・・・・

Dsc00238

黒部峡谷鉄道は、もともとは黒部川電源開発のための資材運搬用鉄道であり、かつては便宜的に旅客を扱っていました(当時の切符には生命の保障はしない旨の注意書きがあり)

日本国内では数少ない軌間762mmの特殊狭軌での鉄道路線で、トロッコ電車を運行しています。

Dsc00241

欅平行きのトロッコ列車を待ちます。

山の上は気温が低そうです・・・・・・

Dsc00244

改札が始まると、階段を駆け下り一番乗りの二代目隊長。

いよいよトロッコ電車に乗り込みます。

Dsc00255

トロッコ電車では、列車運行中 女優の室井茂さんの車内アナウンスが有り、車窓の見どころ等を紹介してくれます。

Dsc00282

もともと電源開発のための鉄道だけあって、沿線の風景にはダムが続きます。

Dsc00291

1時間30分ほどで終点「欅平」に到着。

Dsc00293

療養中のゲロパンDも到着・・・・・・・

間違ってアロハシャツで来てしまいました・・・・・・

Dsc00301

この親子はしっかりと防寒対策をしています。

Dsc00312

欅平の駅には食堂と売店しかありません。impact

駅の周辺にもこれと言った見どころなし・・・・・・

しかも、前日の雪で名剣温泉へ行く遊歩道等は閉鎖sign03

帰りの電車は2時間30分後impact

ここですることが無いので早く帰りたいけれど、すべての電車が予約で満席coldsweats02

では、食堂で時間をつぶそうと思い駅2階の食堂へ行ってみると「料理が出来るのに40分以上かかります。」と最悪な接客態度

この小さな駅でどうやって2時間も過ごすんじゃsign03

と二代目隊長の怒りが爆発impactdashimpact

とどめに雨も降りだしました

Dsc00314

とりあえず行けるところまで行ってみよう と雨の中の遊歩道へ・・・・・・

Dsc00331

名剣温泉までハイキングの予定でしたが・・・・・・

Dsc00336

この通り通行止めですsign03

Dsc00340

観光客用に備え付けられたヘルメットが寂しいです・・・・・

Dsc00346

仕方がないので駅に戻ります。

Dsc00355

しかしながら、しっかりと防寒対策をした白熊親子です

Dsc00366

駅の待合室で2時間耐えてやっと帰りの電車がやってきました・・・・・・

Dsc00369

一刻も早く宇奈月温泉に戻り、温泉に浸かりたいと願う二代目隊長sweat01

Dsc00372

怒りのあまり一席占領しました。

Dsc00400

鐘釣も温泉が有るところですが、今は閉鎖。

Dsc00413

電車は二代目隊長の怒りを乗せて静かに宇奈月温泉駅へと向かいます・・・・・・

Dsc00426

やっとの思いで宇奈月温泉駅に到着。

ちなみに、トロッコ電車は11月30日で営業を終了。

来年の雪解けの時期までお休みします。

Dsc00431

もう日が傾きかけています・・・・・・

Dsc00433

駅構内の売店でお土産を買ったりして外へ出るともう真っ暗。

早く旅館へ向かいましょう。

Dsc00440

この日は、宇奈月温泉の「グリーンホテル喜泉」に宿泊。

露天風呂が有る静かな宿でした。

Dsc00458_2

さて、翌朝は快晴sun

連休最終日に二代目隊長快心の笑みです。

Dsc00472

今日は、氷見を周って帰ります。

Dsc00477

まずは、宇奈月温泉駅の温泉噴水を見学。

Dsc00480

続いて、富山市内の株式会社源さんのますのすし工場を見学。

Dsc00482

出来たてを販売していますが、ここは観光バスのお客がメインの模様。

午前の早い時間にはあまり種類が有りませんでした。

Dsc00483   

それならばと青空の下を富山駅へ・・・・・

Dsc00487

駅構内の売店で、ますのすしその他駅弁を確保。

目的地へと向かいます。

Dsc00488   

途中、是非寄ってみたかったところが、高岡市の「雨晴海岸」

Dsc00493

駐車場に車を停め、JR氷見線を渡ります。

Dsc00499

海沿いに遥か遠くに立山連峰が迫ってくるように見えます。

絶景です。

Dsc00509

今日は見事な青空。

本当に絶景です

Dsc00527

近くの展望台に移動しても立山連峰が迫ってきます・・・・

Dsc00532

連休の最後に素晴らしい景色を堪能しました。

Dsc00566

さて、絶景に酔いしれた後は昼食です。

氷見の魚市場にある食堂「海寶」さんへ・・・・・

Dsc00553

メニューは少ないですが魚が美味しいと評判のお店です。

Dsc00555

海鮮丼定食をいただきました。

定食についてくる「かぶす汁」が名物で、お味噌汁に魚のあらやイカげそなどが入り美味しかったです。

Dsc00571

午後を周りました・・・・・・

帰りは一気に自宅まで走ります。

そろそろ帰路に就きましょうか・・・・・・

Dsc00574 

充実した11月の連休・・・・・・・・・

二代目隊長、大満足で2012年のお出かけを終了しました。

終わり

2012年12月14日 (金)

秋のお出かけ隊2012 ⑦

11月の連休は、富山へ行きました。



連休初日の高速道路渋滞を避けるため、前日に琵琶湖畔の長浜で一泊。

Dsc00020

ライトアップされた長浜城shineを望むBARでカクテルを一杯。

Dsc00042

さて、翌日は張り切って北陸道を爆走。

途中、尼御前S・Aで休憩。

Dsc00045

富山県が近くなると名物の「ますのすし」が並びます。

Dsc00051

山中温泉名物「娘娘饅頭」も・・・・・・

帰りに購入しましょう。

Dsc00058

午前11時過ぎに最初の目的地、砺波市の「となみチューリップ四季彩館」に到着。

ここは、特殊な栽培方法により1年中チューリップが咲いています。

Dsc00061

館内は、もうクリスマス仕様に・・・・・・・

Dsc00072

クリスマスツリーとポインセチアがムードを高めます。

Dsc00078

さて、チューリップが咲いている場所へ・・・・・

Dsc00080

見事に咲いていますheart04

Dsc00087

赤い花もhappy01

Dsc00091

黄色い花もhappy01

Dsc00102

館内には、チューリップ博物館が併設されています。

Dsc00107

チューリップの歴史や品種、栽培に関することなど詳しい資料が展示されていて見ごたえが有ります。

Dsc00120

館内のカフェでは、ちゅーりっぷソフトクリームが販売されています。

Dsc00123

もちろんチューリップの球根shineも各種販売。

二代目隊長、来春の「白熊ちゃんの花園」を夢見て数多く購入。

Dsc00124

あわせて、50日ほどで開花する水栽培セットも購入。

お正月が楽しみです。

Dsc00127

12月は、ライトアップが行われる模様。

Dsc00131

外へ出ると冬枯れの景色・・・・・・・

宿泊地の富山へ急ぎましょうか・・・・・

Dsc00169

夕食は、富山市内の居酒屋で地元の魚介類をいただきます。

Dsc00167

明日はいよいよ黒部へ向かいます・・・・・・

つづく・・・・・・

2012年12月11日 (火)

秋のお出かけ隊2012 ➅

神護寺からの帰り道、車の中から見た紅葉がとても綺麗だったので、Uターンして化野念仏寺を訪れました。

Dsc00238

車を降りた途端に雨が降り出しましたが、お出かけ隊はそれくらいではへこたれません。

Dsc00244

村時雨 濡れて色増すもみじ葉の 派手も寂しや古寺の秋 

Dsc00256

石仏も 錦眺むる 化野の寺

Dsc00260

鮮やかな紅葉の色・・・・・・・

Dsc00264

今年は一際美しい・・・・・・

Dsc00261

いつまでも眺めていたくなる秋の一日・・・・・

Dsc00274

続いて、嵯峨野の二尊院へ・・・・・

Dsc00301

百人一首にも詠われた紅葉の名所「小倉山」にあります。

Dsc00313

普段は静かなこのお寺もこのシーズンも人であふれます・・・・・

Dsc00332 

秋が静かに弱まっていきます・・・・・・

つづく・・・・・・

2012年12月10日 (月)

秋のお出かけ隊2012 ➄

11月のとある日、京都の神護寺を訪れました。


まずは、嵐山高雄パークウェイを走ります・・・・・・・・・・・

Dsc00104

途中には綺麗に紅葉した木がたくさんあります・・・・・

Dsc00112

何とも言えない色合いですね・・・・・

Dsc00136

パークウェイの駐車場に車を停め神護寺の入り口を目指します。

Dsc00140

階段には、一面の散紅葉

Dsc00152

ここから山を登ります・・・・・・

Dsc00234

途中の茶店で一休み。

Dsc00166

少し早い昼食をいただきました。

Dsc00177

石段をたくさん登って行くうちに神護寺の山門が見えてきました。

Dsc00187

神護寺には、ここのところ毎年訪れています。

Dsc00195

色鮮やかなmapleもみじmaple

.Dsc00202

少し時期が遅かったようですがまだまだ綺麗です。

Dsc00216

紅葉の下から本堂を眺めます。

Dsc00228

黄色い紅葉もまた綺麗。

Dsc00229

来年もまた訪れましょう・・・・・・・

つづく

2012年12月 7日 (金)

秋のお出かけ隊2012 ④

11月は誕生日のある月。

今年は愛媛県の道後温泉で誕生日会を行いました。birthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthday

いつもは岡山県の児島から瀬戸大橋で四国へ渡るのですが、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることにしました。

しまなみ海道は、瀬戸内海の島々を橋で結び愛媛県の今治まで続く道。

途中の島で島めぐりも楽しいです。

Dsc00050 

まずは、大三島で一休み。

写真の橋は、生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋。美しい橋です。

Dsc00067

続いて伯方島「魚常梅が花」さんで昼食を・・・・・

ここは6年前にも訪れました。当時と変わらない佇まいに感激heart04

Dsc00082

瀬戸内海の新鮮な魚料理と美味しいお酒をいただきます。

Dsc00083

真鯛のお造りや・・・・・・

Dsc00088_2

おこぜの唐揚げなど・・・・・・

美味しい料理を堪能しました。happy01

Dsc00102

再びしまなみ海道に戻り、来島大橋を渡って四国へ到着。

Dsc00124

今夜の宿は、道後温泉本館に近い「花ゆづき

Dsc00125

チェックインも早々に湯かごに乗って道後温泉本館へ向かいます。

Dsc00159

道後温泉本館は、神の湯 玉の湯 と二つの湯船が有り、玉の湯では三階の御座敷(個室)を借りくつろぐことが出来ます。(別料金ですが・・・・・)

湯上りには、お茶と坊ちゃん団子のサービスが有ります。

Dsc00170

お風呂の後は再び湯かごに乗って道後温泉の商店街を散策。

Dsc00176

宿に戻り、誕生日の宴会の始まりです。

Dsc00180

誕生月のお客には宿からワイン(フルボトル)の無料サービスが有ります。

美味しい料理を堪能したあとは

Dsc00187

バースデ゛ーケーキで締めます。shine

Dsc00244

翌日は、古い街並みが残る内子町

Dsc00248

まずは、芝居小屋の内子座を見学。

二代目隊長、内子座に出演するのは6年ぶりです。

Dsc00278

珍しい検察台に時代を感じます。

Dsc00295

今でも実際に歌舞伎公演が行われる内子座でしばしのタイムトリップ。

Dsc00323

内子座の後は、町並み保存地区を散策。

途中、薬屋を営んでいた「佐野家」が一般公開されているので見学することに。

等身大の人形が家の中に置かれており、当時の生活を再現しています。

Dsc00330

一家の朝食の様子です。

二代目隊長も「漬物係」として参加しています。

Dsc00344

御隠居さんの囲碁のお相手をする「付き物コンヒ゛」

Dsc00340

夜間に資格試験の勉強をする奉公人を励ましたり・・・・・・

Dsc00351   

女中さんの愚痴を聴いたり・・・・・・

と有意義な時間を過ごしたお出かけ隊一行。

Dsc00378

昼食は、内子の「りんすけ」さんで南予風鯛飯をいただきました。

御飯に鯛のお刺身、とろろと玉子が乗り、お出汁をかけていただきます。

非常に美味しかったです。

この日は、19時から簿記教室の仕事が有るため急いで帰路につきます。

Dsc00390

お土産には一六タルトを・・・・・・・

Dsc00410

帰りは瀬戸大橋経由。

瀬戸内海の神秘的な風景を思い出に40代最後の誕生日を胸に刻みました。

つづく・・・・・

2012年12月 6日 (木)

秋のお出かけ隊2012 ③

続いて、10月下旬の出雲大社。

Dsc00026

二代目隊長は初のお参りです。

Dsc00028

お参りの前にまず昼食。

名物の「出雲そば」をいただきました。

Dsc00033

それではお参りに出発・・・・・・

Dsc00044

来年の式年遷宮を前に造営が進められています・・・・・・

Dsc00072

お参りの後は、近くにある「古代出雲歴史博物館」を見学。

Dsc00077

古代の出雲大社はこのような高い場所に造られていたそうです。

二代目隊長、この模型が見たくてここにやってきました。

Dsc00080

横から見てもなかなかの高さです。

Dsc00084

外の駐車場では「島根博」が開催されていました。

後ろの黄色いネコが島根県のゆるキャラ「しまねっこ」です。

島根のことならなんでも知っているそうですっsign03

Dsc00088

帰り道の途中、旧JR大社駅に立ち寄り。

JR大社線は現在廃線されていますが、駅舎がこのように保存されており、自由に見学できます。

昔は、京都や大阪から急行列車が出でおりこの駅から出雲大社へ向かったのですね・・・・・

Dsc00122

お土産は、JR松江駅の駅弁。

地酒入りの「ごきげん弁当

Dsc00133

松江名物 「かにめし」  「およぎ牛弁当

Dsc00135

どれも大変美味しかったですshine

つづく・・・・

2012年12月 4日 (火)

秋のお出かけ隊2012 ②

とっとり花回廊へ行ったついでに「城崎」へ立ち寄りました。

Dsc00346

城崎は兵庫県を代表する温泉地です。

7か所の外湯が有り湯めぐりが楽しめます。

Dsc00351

10月は、蟹の解禁前で旅行客は少ないとはいえなかなかの賑わいでした・・・・・

Dsc00367

二代目隊長、城崎温泉の大ファンでたびたび訪れています。

Dsc00370

夕暮れが迫ってきました・・・・・・

あちらこちらで下駄の音が聞こえてきます。

Dsc00378

城崎では、下駄に浴衣掛けがもっとも似つかわしい・・・・・・

そろそろ外湯巡りに参りましょうか?

Dsc00395

翌日は、城下町の「出石」へ

Dsc00431

古い芝居小屋「永楽館」を見学。

Dsc00443

今でも歌舞伎の公演が行われています。

Dsc00465

出石の名物は「皿そば」

Dsc00459

お昼にはまだ早いですがいただきました・・・・・

おそばのお皿は自由に追加ができます。

石曳き手打ちで大変美味しかったですhappy01

Dsc00475

帰りには、昨年も訪れた「清住コスモス園」へ・・・・・

Dsc00552

満開のコスモスに囲まれ秋の一日を満喫しました。

つづく・・・・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック