明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

ゴールデンウィーク2014  ①

2014年のゴールデンウィークは、近くて車で行ける所・・・・・・・

Dsc02515

ということで、福井県の小浜を再訪しました。

Dsc02521

2時間30分ほどの道のりですが、まずは「西紀SA」で休憩。

Dsc02518

2日前にテレビで紹介していた「踊りたこ焼き」

イイダコがまるまる1匹入っています。

Dsc02523

しかしながら、たこ焼きよりもまずは昼食。

ここのレストランもテレビで紹介されていましたが、野菜を売りにしている模様。

地元(丹波産)の野菜が使われております・・・・・

Dsc02528

レストランでもサラダ菜を栽培。

Dsc02534

サラダバーて好きなだけ野菜が食べられます。

Dsc02537

さて、「小浜」に到着・・・・・・

Dsc02540

この道の駅は、サバトラ「ななちゃん」の実家です。

Dsc02543

思ったより早く着いたので、「そともめぐり」でもしましょうか・・・・・

Dsc02550

若狭フィッシャーマンズワーフの乗り場から船に乗って、小浜湾の東側に位置する内外海半島の海蝕洞を眺めます。

Dsc02568

船は白い波を残し、小浜の街がはるか遠くに・・・・・・

Dsc02610

ここが「そともめぐり」のハイライト、「大門・小門」です。

Dsc02618

船は岩の裏側に回り、ここで下船上陸できます。

Dsc02634

大門から光が溢れ神秘的・・・・・

Dsc02640

10分ほどの上陸で再び船に乗り・・・・・

Dsc02658

無事、小浜に戻ってきました。

1時間弱のクルーズです。

Dsc02669

さて、ホテルにチェックインした後は、「いずみ町商店街」へ

時間が遅くてお店はほとんど全部閉まっていましたが、

Dsc02671

「さば街道」起点で記念撮影。

ここから、日本海でとれた鯖を積んで京都へ向かっていたのですね・・・・・

Dsc02680

夕食は、小浜駅近くの「オバママ」さんで・・・・

魚が美味しいので毎回訪れます・・・・・・・・

Dsc02683

今日も大好きな「若狭かれい」をいただき、小浜の夜は更けてゆきます・・・・・・

2014年5月21日 (水)

お出かけ隊と行くパタヤ 〜トロピカルな休日〜

さて、パタヤでの最終日sports

Dsc00560 ..

今回は、何もしないことが目的だったので、最終日は本当にのんびりと過ごしました。

Dsc00565

とりあえず、ビーチへ・・・・・・

Dsc00567

残念ながら、海はあまり綺麗ではありません・・・・・・

海で泳ぐなら、やはりプーケットですね。

Dsc00576

プールサイドへ戻り、くつろぐお出かけ隊。

Dsc00581

静かなひととき・・・・

Dsc00593

カクテルでもいただきましょうか・・・・・・

Dsc00598

つまみは、タイの春巻き「ポーピア・グン」

Dsc00610

お出かけ隊も水遊びに興じます。

Dsc00622

ビーチフロントにもプールがあります。

せっかくなので移動しましょう・・・happy01

Dsc00629

ここでもリラックスするお出かけ隊・・・・・

Dsc00635

しかしながら、お天気があやしくなりました。時折雷鳴も聞こえますthunder

一旦部屋に戻りましょうか・・・・・・・

Dsc00644

二代目隊長のおかげでなんとか雨は降りませんでした・・・・・

Dsc00647

ビーチロードへ出てみると、この日は歩行者天国で道路にたくさんお店が出ています。

Dsc00657

なにかのお祭りみたいですねsign01

日本でも露店は楽しいですが、外国では日本で見たことのないお店が並びます。

Dsc00658

このお店は、帽子に好みの文字や飾りを貼り付けてオリジナル帽子を作ってくれます。

帽子代込みで120バーツでした。

Dsc00659

そろそろ日が暮れてきました・・・・・

Dsc00662

今日は、ミュージックフェスティバルだったみたいです。

Dsc00666

これから夜店になります。

懐かしさを憶えとても楽しいです。

Dsc00669

予期せぬお祭りに、とても楽しい休日となりました。

何もしないトロピカルナイト・・・・・

お出かけ隊と共にエンジョイできました。

2014年5月17日 (土)

お出かけ隊と行くパタヤ 〜シルバーレイク〜

Dsc00458

この日も、さわやかな朝です・・・・・

二代目隊長のおかげで連日雨が降らずにすんでいますsun

Dsc00461

:今朝も、ブュッフェの朝食をいただいて・・・・restaurant

Dsc00466

パタヤ郊外の、「シルバーレイク・ワイナリー」へとやってきました。

Dsc00469

ここは、ブドウの栽培をして、タイ産のワインを造ることを目的に作られたようです。

現在は、ブドウ畑と庭園、宿泊施設のあるリゾートが展開されています。

この広大な敷地をミニバスで巡ります・・・・・

Dsc00476

とてもタイとは思えない光景が広がっています・・・・・

Dsc00481

サルビアにコスモス、そして風車・・・・・・

何処の国にいるのか混乱してしまうゲロパンI

奇しくもこの後オランダで本物の風車を見ることになろうとは、この時は夢にも思っていませんでした。

Dsc00492

熱帯の国ながら、お花が綺麗に手入れされております。

Dsc00501

シルバーレイクワイナリーにほど近い場所に岩に描かれた仏像があります。

一体だれが描いたのでしょう・・・・・

Dsc00502

シルバーレイクワイナリーは外国の雰囲気ですが

仏像を見るとここはタイランド・・・・・・・

小規模な観光地?ですが、ここもなかなか楽しかったです。

Dsc00541

でも、やはり一番の絶景は海にしずむ夕日でしょう・・・・・・

つづく

2014年5月16日 (金)

お出かけ隊と行くパタヤ 〜何もしないビーチ〜

パタヤに到着した翌日。

小鳥の声で目覚めた二代目隊長・・・・・・

Dsc00389

静かなプールサイドを散策・・・・

Dsc00393

スライダーとかもあり楽しそうです。

このプールで一日過ごすのも悪くないかな・・・・・・・

Dsc00401

ゲロパンDの体調が気がかりですが・・・・・・

Dsc00421

こちらの隊長は元気いっぱいsign01

Dsc00408

とりあえず朝食をいただきます・・・・・・

Dsc00413

今日は、パタヤから1時間ほどの「サタヒップ・ビーチ」へhappy01

さあ、ホテルを出発dash

Dsc00432

途中、道路わきのお店の前で車が止まりました。

Dsc00423

焼いた鳥を売っているよう・・・・・・・

大きな壺が並んでいます。

Dsc00428

壺の蓋を開けると、鳥の丸焼がimpact

Dsc00426

「鳥の壺焼」というローカルフードで大変美味しいそうです。

今日の昼食に、1羽購入しました。どんな味か楽しみです。

Dsc00433

「サタヒップ・ビーチ」に到着。

ここは、知る人しか知らないローカルなビーチwave

Dsc00436

従って、非常に静かですpisces

日本の海水浴場のようなうるさい音楽は一切聞こえませんheart04

Dsc00440

二代目親子ものんびりと日光浴。

Dsc00449

ビーチには、ローカルな食堂もあります。

Dsc00451

美味しそうな料理が売られています。

もちろん、日本語メニューとかありません・・・・・・

Dsc00453

もち米(カオニャオ)と・・・・・・

Dsc00454

先ほど買った「鳥の壺焼」

潮風に吹かれながらいただきます。

シンプルですが贅沢な味・・・・

とても美味しかったですshine

Dsc00447

何もしない贅沢な一日が過ぎてゆきます・・・・・・・

つづく・・・・

2014年5月15日 (木)

お出かけ隊と行くパタヤ① タイ国際航空A380

長らくブログの更新が途絶えていたので・・・・・・・

記事は3月にさかのぼります・・・・・

確定申告の繁忙期が終わり、お出かけ隊の季節がめぐってきました。

とりあえずのんびりできる場所を検討した結果、タイのパタヤビーチを目指すことにしました。

Dsc00355

今回の旅の目的の一つは、昨年12月より関空~バンコク間を就航しているタイ国際航空A380に乗ること。

A380は、総二階建ての大きな飛行機で、最新の設備を誇ります。

美しい姿は二代目隊長を魅了してやみません・・・・・・

Dsc00359_2

さて、関空11時45分発TG623便に乗り込みます。

もちろん、エコノミークラス・・・・・・

Dsc00363

しかし、A380は2階席にもエコノミークラスがあるのですimpact

はやる気持ちを抑え階段を上ります。

Dsc00367

2階の後部と1階に3-4-3で配列されたエコノミークラスは、最新の
スリムシートが装備され、広々と快適。可動式のヘッドレストも
ついています。また各席には、大型のパーソナルモニターを設置。
全ての座席でWi-Fiとmobile connectivity、USBポート、
モバイル端末用電源、最新の映画、テレビシリーズ、
ドキュメンタリー、音楽、対話式ゲーム等のプログラムが楽しめます。

Dsc00369

前方は、ロイヤルシルククラス・・・・

覗き見るとシートが豪華。乗り心地がよさそうです。

AIRBUS 380-800 (3801/380)
クラス座席数シートピッチ(cm)シート幅(cm)リクライニング
ファースト 12 208 69 180°
ロイヤルシルク 60 112 51 180°
エコノミー 435 81 45-46 120°

Dsc00371

A380でフライトを楽しみ、5時間30分ほどでバンコク・スワンナプーム空港に到着。

荷物をピックアップし、お迎えの車に乗ってパタヤへcar

Dsc00377

2時間ほどでパタヤのホテルへ到着。

夕暮れが迫るプールサイド。

やっと南国へ戻ってきました・・・・・

Dsc00385

さあ、お出かけ隊と共にトロピカルな休日を・・・・・・・・

つづく

2014年5月13日 (火)

お出かけ隊 欧州遠征⑦ 帰国〜

さて、いよいよ日本に帰国する日がやってきましたsweat01sweat01sweat01

Dsc02453

まずは、お出かけ隊全員で記念撮影camera

ベルギーとオランダでスカウトした熊も入っています。

さあ、二代目隊長はこれだけのメンバーを日本に連れて帰らなくてはなりませんimpact

Dsc02444

今日の出発は11時。

ゆっくり朝寝をしようと思っていましたが、ここのところ5時45分起床が続いたので早くに目が覚めてしまいました。

ゆっくりと朝食をいただきましょう・・・・・・・・restaurant

Dsc02458

朝食の後、なにもすることが無いのでとりあえずホテルの外へ・・・・・・

Dsc02460

ここは空港に近い郊外の為、ホテルの周りは観光したり買い物できるお店とかが全く見当たりません・・・・・・・・dash

Dsc02461

しかたがないので、タンポポと戯れる二代目隊長・・・・・・・・

Dsc02472

風は冷たいですが日差しは暖か・・・・・・

Dsc02474

残された時間、オランダの空気を全身で感じます。

Dsc02486

ベルギー・オランダと体調が回復していたゲロパンD

どこか悲しそうです・・・・・・オランダを離れがたい模様・・・

Dsc02488

芝生で日光浴・・・・・・・ 白熊こども

Dsc02492

「さあ、そろそろ出発の時間じゃsign01 次はアユタヤかsign02」と先代白熊。

空港へ向かいましょう・・・・・・・・

Dsc02496

アムステルダム・スキポール空港へ到着後、各自チェックイン+荷物預けをなんとかこなし、荷物の重量オーバーという余興も演じcoldsweats02 無事、出国punch

Dsc02497

昼食を食べたり免税店で最後の買い物をしたりするうちに搭乗時刻が迫ってきましたclock

Dsc02500

搭乗ゲートへ向かいましょう・・・・・・・・・

Dsc02503

無事、機上の熊となった二代目隊長。

定刻14時55分に、KLMオランダ航空867便は飛び立ちました。

Dsc02502

本当にあっという間の7日間・・・・・・

ベルギー・オランダは初めての国でしたが本当に楽しかったです。

今回の旅行は、「お出かけ隊のヨーロッパ遠征」という目的で、そして二代目隊長の一時の気まぐれで申し込みました。

それゆえに、パックツアーが久しぶりであるのでお出かけ隊がツアーの中で行動できるかどうかの不安がかなりあり、出発直前まで行こうかどうか迷っておりました。

しかし、ツアーに参加してみて本当に良かったsign03 

添乗員さんは、朗らかな方で親切。といってもツアーを仕切るタイプの方ではなく、尋ねたことに対しては誠心誠意対応していただき、つかず離れずの対応で、非常に心地よかったです。

また、ツアーの方たちも穏やかで気持ちの優しい方ばかり。 観光先で見かけた他のツアーのように仕切る人やわがままな人は全くいませんでした。

最初は、ぬいぐるみのお出かけ隊連れということで、一人静かにしておりましたが、途中からぬいぐるみを受け入れていただき、親切にしていただきました。

こんな素晴らしいツアーの方々と旅行が出来たことは初めてでしたので、とても幸せでした。

Dsc02510_2

と、ワイン片手に色々と楽しい時間を振り返る二代目隊長heart04

酔っ払って夢の中でもう少し旅を続けましょうshine

Dsc02478_2

これをもちまして、「お出かけ隊欧州遠征~ベルギー・オランダ編」を終了いたします。

ツアーで御一緒した皆様、添乗員の南田さん、ブログを見てくださった方々・・・・本当にありがとうございました。

  shineshine勇 退shineshine

2014年5月12日 (月)

お出かけ隊 欧州遠征⑥-3 アムステルダム

さて、ツアー一行+お出かけ隊はアムステルダムに戻ってきました。

アムステルダム中央駅前でパスを降りてまずは昼食へ・・・・・

Dsc02323

この駅のデザインは、東京駅のモデルになったそうです。

Dsc02328

今日は朝から田舎を歩いてきたので、雰囲気の変化に緊張します。

Dsc02330

初めての街、それもオランダ一の都会で必死に誘導する石川狐dash

Dsc02334

ヨーロッパの人は、とにかく太陽の光を好みます。

オープンエアーのお店がいたるところに・・・・・

Dsc02336

クリームコロッケのランチ。

日常的な味に何故かホッとします・・・・・

Dsc02338

そして、プレーンなクレープbanana

Dsc02343

昼食のあとは、再びアムステルダム駅前に戻り、

Dsc02348

最後の観光downwardright

Dsc02352

運河クルーズへ・・・・・・

Dsc02354

クルーズ船乗り場は混雑していました。結構人気があるのですsign01

しかし、我々のグループはゆったりと貸切船に乗船happy01

Dsc02357

さあ、出発ship

Dsc02360

お出かけ隊もスタンバイheart02

Dsc02362

船は天井がガラス張りになっています・・・・・

Dsc02364

太陽の光がふりそそぎ、非常に爽快sun(少し暑かったですが・・・・)

Dsc02365

この熊ちゃんは、チップの集金係です。

Dsc02371

アムステルダム港を走り・・・

Dsc02372

水上住宅を眺め・・・

Dsc02377

街中の運河をゆっくりと進みます・・・・

Dsc02384

橋をいくつかくぐり・・・・

Dsc02388

人々に手を振ったりしているうちに・・・・

約1時間の運河クルーズは終了happy01

Dsc02403

これから最後の買い物タイム・・・・

市内のスーパーマーケットへと繰り出します。

Dsc02406

1時間ほどのフリータイム。

Dsc02340

せっかくですので繁華街を少し散策・・・・・

いよいよ最後の晩餐ですbirthday

Dsc02410

最後の食事はオランダ料理「シュニッツェル」

Dsc02413

最後の最後にあまり好きではないお料理が・・・・・・

これも人生・・・・・

Dsc02415

アムステルダムの街に夕暮れが近づいてきます。

Dsc02419

バスは市内をゆっくりとすすみ・・・・・

Dsc02421

オランダの街にサヨナラを・・・・・・・

Dsc02422

楽しい時間は本当に早く過ぎるもの・・・・・

Dsc02430

アムステルダム中央駅にも別れを告げ、ホテルへと向かいます。

Dsc02437

夕陽の中の飛行機たち・・・・・

明日はこれに乗って日本へと帰るのですね・・・・・・・

Dsc02440

オランダ最後の夜は静かに更けゆく・・・・・・・

つづく・・・・・・

2014年5月11日 (日)

お出かけ隊 欧州遠征⑥-2 ミニSL

さて、今回は旅のハイライトshine 「ミニSL」に乗車した模様をお届けしますtrain

Dsc02162

ミニSLは、ホールン~メーデンブリック間の運行で所要時間は1時間20分。

牧草地帯やチューリップ畑の中を小さな蒸気機関車が客車を引いてのんびりと走ります。

Dsc02163

二代目隊長は、自他共に認める大の乗り物好きimpact

朝から興奮状態で、お天気を見事な快晴にもっていきましたsunsunsunsunsun

Dsc02165

今日は石川狐(いしかわきつね)が先導・・・・・

添乗員さんから、ぬいぐるみを所望され、たまたま居合わせた石川狐を指名・・・・

後輩に負けないよう歯を食いしばって務めますsign01

Dsc02172

ホールン駅のホームにはレトロな客車が待機。

皆さん思い思いの撮影大会が始まりました・・・・

Dsc02178

二代目隊長も、チューリップと共に記念撮影。

Dsc02183

さて、列車に乗り込みましょうsign03

Dsc02185

ツアーの皆様のご厚意で、お出かけ隊も全員乗車happy01

テーブルの一角を占領しておりますdash

Dsc02191

列車が動き出しました。

Dsc02194

ゲロパンDもハイテンションnotes

Dsc02196

牧草地帯を20分ほどのんびりと走り・・・・・

Dsc02208

列車はWognumという駅で小休止。

Dsc02200

ホームに降りて再び撮影大会です。

Dsc02205

それにしても見事な青空・・・・・・

Dsc02212

ここでは、蒸気機関車の運転台を見学できます。

Dsc02213

二代目隊長も先頭に回り込み・・・・

Dsc02229

運転台に登ります・・・・

Dsc02221

石炭を燃やす炉やpunch

Dsc02223

ハンドルや計器類punch

初めてみるものばかり・・・・・

Dsc02226

運転台からの眺めもなかなかです・・・・

Dsc02232

出発時間となり、再び客車に乗り込み、

Dsc02234

隣の車両の「ビュフェ」を覗いてみます。

Dsc02235

軽食やソフトドリンク・アルコール類が売られています。

Dsc02237

二代目隊長、迷わず白ワインを購入。

Dsc02242

席に戻ると、車内販売のワゴンが来ていました。

Dsc02248

コーヒーやジュース・お水・スナック類が積まれており見るだけでも楽しいです。

昔、山陽新幹線「のぞみ」号のパーサーを務めたことがある二代目隊長興味しんしんですっ。

Dsc02253

車窓にはチューリップ畑が広がってきました・・・・・

Dsc02254

列車の中で美しい景色を見ながらいただくお酒は最高です。

Dsc02258

ほろ酔いでデッキへ出て、チューリップ畑と記念撮影。

Dsc02269

本当に鮮やかな景色です。

Dsc02276

そうこうしているうちに、注文していたスナックが席に運ばれてきました。

Dsc02274

たこ焼きくらいの大きさのパンケーキで、はちみつと粉砂糖がかけられており、甘くて非常に美味heart04

ツアーの方々と分け合っていただきましたshine もう幸せです。

Dsc02279

列車の旅もそろそろ終盤・・・・・

Dsc02285

最後に、お土産物のワゴンが周ってきました。

二代目隊長も絵ハガキとボールペンを購入happy01

Dsc02301

メーデンブリックに到着。

本当に楽しい列車の旅shine

Dsc02293

二代目隊長、最高に素晴らしい旅の思い出が出来ましたheart02

つづく・・・・・

2014年5月 9日 (金)

お出かけ隊 欧州遠征⑥-1 フォーレンダム〜

さて、6日目の朝。

ツアーで観光するのはこの日が最後・・・・・・・

というわけで、今日は港町フォーレンダムからホールン~メーデンブリックへ行き、再びアムステルダムへ戻り市内観光という日程。

SL列車に乗ったり、クルーズ船に乗ったりと乗り物好きの二代目隊長向けの一日。

Dsc02048

この日も7時30分出発。

Dsc02050_2

ベルギーオランダと6日間お世話になったこのバスとバスの運転手さんにも今日でお別れです・・・・・・

Dsc02056_3

今日は特別にお出かけ隊が最前列で記念撮影。

お出かけ隊も、ツアーの皆様方に受け入れられ可愛がられております。

Dsc02065

1時間足らずでフォーレンダムに到着。

ここはアイセル湖に面する街で、湖が大堤防で締め切られる前、サイデル海と呼ばれていたころの漁港です。

Dsc02068

湖に太陽の光が輝き眩しいですが、北海からの風がとても寒いです。

Dsc02071_2

小さな街にはお土産やさんが並びます・・・・・

Dsc02076

オープンカフェとかもあり観光地らしい楽しさがありますが、どの店も未だ開店前。

Dsc02086

とりあえず、港へと出てきました。

Dsc02088

青い空と船が夏を彷彿させますが、とにかく寒いです・・・・・・

Dsc02095

とりあえず、記念撮影happy01

ところで、この街のお店は通常9時開店のようですが、この日はイースターのお休みに入ったせいか、開店がいつもより遅く、9時30分~10時位の模様。

まだ、時間は8時40分すぎ・・・・・ 皆さんお土産を買うのを楽しみにしているようですが、ここで待っていても寒いし後の行程が心配なので、添乗員さんの提案で予定にはなかった近くの「エダム」という街に立ち寄ることになりました。

Dsc02103

「それではバスに戻りましょうー」と張り切って歩く石川狐notes

このとき彼は、この後自分の身に降りかかる出来事を知る由もありませんでした・・・・・

Dsc02110

青空の下、可愛らしいお家が並びます・・・・・・

老後を楽しむ方たちが住んでいるようです。

Dsc02114

お家の前では大きなワンちゃんが日光浴shine

本当にのどかです・・・・

Dsc02127

さて、バスに乗って10分ほどでエダムに到着。

Dsc02128

エダムはチーズで有名な街。

Dsc02136

チーズを売るお店や土産物店があります・・・・

Dsc02147

デルフトでチーズを買い損ねたので、大喜びで購入します。

Dsc02143_2

エダムのチーズはゴーダーチーズとまた味が違うようです。

ここのお店では、色々な種類が置いてあり、試食もさせていただけます。

Dsc02152

運河沿いの静かな街・・・・・・

オランダは本当にのどかで癒されます・・・・・・

Dsc02158

僅かな時間の滞在でしたが、心に残る街「エダム」を後にして、お出かけ隊は今日のハイライトSL列車trainに乗るためホールンへ急ぎます・・・・・

つづく・・・・・・

2014年5月 8日 (木)

ブラック企業の背景には消費者の無茶ぶりが隠れている

メーデーから1週間も過ぎたので雇用関係を少しだけ真面目に書きます。

東京都の就職支援会社が、就職活動中の大学生1650人と主要企業約1000社の採用担当者を対象に、労働法規を無視するなど悪質な会社を指す「ブラック企業」について考えを尋ねるアンケートをインターネットで実施しました。

この今回のアンケートで給与、残業時間などブラック企業となる目安について、学生と企業側の認識の違いが明確になりました。

学生が思う「ブラック企業だと思う条件」は、やはり「残業代が支払われない」で学生75%、企業側78%とトップ。

選択肢の中で最も両者の差が開いたのは「給与金額が低すぎる」で学生は48%に対し、企業側は24%でした。

まあ残業代に関しては支払わないとそもそも企業として問題なんですが、最近は「見込みの残業代」とかよく考えれば本当はおかしな造語を作って残業代を支払わずその上に月の最低残業時間を設定して強制する企業も多いですね。

私の仕事は税理士であり、基本的には企業側の考えに触れることがほとんどです。

多くのトップはやはり経費の中で多くを占める人件費に頭を抱えています。

その一方、労働者がいないとそもそもその会社が成り立たないのは当然であり、社員は会社の財産でもあり、顔でもあります。会社は労働者に気持ち良く働いてもらう義務があります。

またいわゆるブラック企業というものの存在は税理士という枠を越え社会通念上許されるものではありません。

加えて、私も昔は「給与所得者」でしたから、両者の気持ちが一般労働者よりは分かるものと自負しております。

それだけに、昨今の雇用や労働を巡る問題は看過できません。

特に雇用により補助金(若年者等正規雇用化特別奨励金等)を受給して、補助金支給の期限が終われば雇用者を使い捨てるというブラック企業はやはり没するべきであるし、ツイッターなどに商品で遊んでいる様子を発信したり、有名人の来店情報等を漏らしたりする労働者は社会悪であります。

労働は相互契約です。

労働者は「働かせて頂いている」、企業側は「会社の為に頑張ってくれている」、かなり綺麗ごとかも知れませんが お互いこの意識がもう少し高まれば少しはマシになるのではないのでしょうか。

ちなみに、有名な労基法のひとつ、36協定ですが、特別条項をというものを使わなければ時間外労働の上限は(1年変形を使わない場合で)月45時間、年360時間であり、これらは両方とも上回ってはいけません。

一方で特別条項を設定すれば、年間のうち半分は、労使合意さえできれば理論上青天井で残業時間を設定でき、違法ではありません。

ただし先日ニュースになっていた日本のアニメ系の企業で実際に行われている「就業600時間」問題、これは違法とかブラックとか超えてます...。

Dsc00320

2014年5月 7日 (水)

お出かけ隊 欧州遠征⑤-2 アムステルダムへ......

キューケンホフ公園を後にしたツアーとお出かけ隊一行は・・・・・・

Dsc01935

公園近くのレストランでいきなり昼食です。

Dsc01936

今日はロゼワインwine・・・・・・

Dsc01940

まずは、トーストにマッシュルームを乗せた前菜。

Dsc01942

そして、オランダ料理の「ヒュッツポット

ジャガイモやニンジン、玉ねぎを茹でてつぶした料理でソーセージが添えられていました。

Dsc01943

デザートはラズベリーのヨーグルト

Dsc01947

食事の後は、再びチューリップ畑を眺めながらアムステルダム市内へ・・・・

Dsc01950

市内をバスで巡り「国立ミュージアム」へ

Dsc01958

2013年4月に改修工事が終了した美しい美術館で芸術鑑賞です。

Dsc01964

ここで、お出かけ隊にどよめきが・・・・・coldsweats02

添乗員さんが、「ぬいぐるみを貸していただけますか?」と尋ねてきました。

なんでも、ミュージアムの館内では旗を振ることが出来ないのでツアーの皆様を案内するのに旗に代わる目立つものが欲しい・・・・ということだそうですsign01

それならば・・・・・・

と、新人のゲロパンМを抜擢shine

かくして、オランダの国立ミュージアム館内で、ツアーの一行をゲロパンМが先導することに・・・・・・・impact

Dsc01968

有名な絵画がたくさんありました。

これはフェルメールの「牛乳を注ぐ女」

ガイドさんが色々と解説してくれて助かります・・・・・・

Dsc01969

そして、ゲロパンМも必死に誘導・・・・・・

Dsc01976

レンブランドの「夜警」

絵画に疎い二代目隊長、何か感じるものがあったようです・・・・



Dsc01978

1時間余りの芸術鑑賞を終了し退場・・・・・



Dsc01995

オランダの美しい建物の間をトラムが走ります・・・・・



Dsc01998

続いて「ダイヤモンド工房」を見学し・・・・

再びバスの中から市内観光・・・・・


Dsc01999

街角の花屋さんや・・・・・

Dsc02020

運河沿いの建物・・・・・・

Dsc02026

一番の繁華街、ダム広場・・・・・

Dsc02029

そうこうしているうちに、夕食です。



Dsc02032

オランダ料理の「エルテンスープ

青豆を煮込んだスープです。



Dsc02034

そして、魚?のフライ?

Dsc02038

デザートはアイスクリーム。

ここのレストランは、ツアーグループがひっきりなしに入店し、非常に慌ただしく落ち着かないこと甚だしいimpact

食事中に、ドリンクの集金に来るは、料理の皿も食べ終わったのを待ち構えていたかのように下げられるは・・・・・・

30分足らずで追い出されましたannoy


Dsc02040

早くホテルへ行きましようpunch

今日のホテルは、エアポートの近く、「ラディソンBLUエアポート}


Dsc02045

明日はいよいよ観光の最終日。

最後に色々あったから早く寝ましょう・・・・・・

つづく・・・・・・

2014年5月 6日 (火)

お出かけ隊 欧州遠征⑤-1 キューケンホフ公園

お待たせいたしました。

さて5日目は、今回のツアーの目玉heart04 キューケンホフ公園tulipへ行く日です。

そして、ロッテルダムからアムステルダムへ移動・・・bus

7時30分出発ですっimpact

Dsc01635

気になるお天気ですが、昨夜のうちに雨が降りましたがrain

朝には降り止んで晴れsunsunsun

またまた二代目隊長のお天気調整が入った模様shine

植物の開花には、雨が必要・・・・・・ というわけで、たくさんの花が咲いていることでしょう・・・tulip

Dsc01654

さて、バスは1時間ほど走り、キューケンホフへ。

公園が近づくにつれてチューリップ畑が車窓に広がりますheart01

Dsc01667

9時前にキューケンホフ公園に到着sign01

ここでは、たっぷり3時間のフリータイムhappy01

Dsc01670

キューケンホフ公園は、世界的に知られる春の2か月間のみ開園する庭園ですtulip

園内では、チューリップ、スイセン、ヒヤシンスなど700万株以上の花々咲き乱れ、

その色と香りを競っています。

広さは、32ヘクタール。東京ドーム7~8個分でしょうか・・・・・・

Dsc01671

エントランスでは、民族衣装を着た女性がお出迎え。

二代目隊長、いつもの習慣で一緒に記念撮影をお願いしたところ・・・・・

他のツアーの方々も「写真撮らせてくださーいheart04」と一斉にシャッターを・・・・・sweat01

二代目隊長モデルになった気分coldsweats01

そこですかさず添乗員さんが、「白熊二代目ちゃんです。ブログで活躍します。」と宣伝して下さいました。happy01

Dsc01673

1949年に開園したキューケンホフ公園は2014年に開園65周年を迎えます。

キューケンホフ公園では毎年テーマが決められているそうで、2014年は「オランダ」。

新旧様々なオランダが園内で表現されるそうですsign03

Dsc01679

オランダのチューリップ畑は球根を育てるため、開花するとすぐに花を摘み取ってしまいます。チューリップ畑は長く楽しむことはできません・・・・・

そこで造ったのがこの公園。

ここは、花のショールームです。

Dsc01687

どこから周ろうか悩んでしまうほど広いです・・・・・

とりあえず歩きましょうshoe

Dsc01689

長く続く水仙の花壇。

Dsc01693

そして、チューリップ・・・・・

Dsc01699

色とりどりに咲いています・・・・・

そして、何処も見頃shine

Dsc01701

「例年見頃は天候により前後するようですよ・・・・・・」

と白熊十四代目notes

Dsc01702

「昨年の見頃は、4月下旬~5月の初めだったそうですよ・・・・・」

と白熊十三代目notes

Dsc01706

「きっと、白熊二代目さんが気温を調整したのですねsign01 さすがですねsign03

と白熊十三代目・・・・・・

この子はきっと出世することでしょうdash

Dsc01708

どや顔の二代目隊長・・・・・・・

Dsc01709

園内には、売店もあります。あとで球根を買わなくては・・・・・・

Dsc01715

綺麗なチューリップと白さ比べ・・・・・・

Dsc01717

そして、鮮やかな青・・・・・・・

Dsc01718

本当に色とりどりです・・・・・・

Dsc01723

水仙とチューリップと白熊のコラボレーション・・・

Dsc01726

桜の木も・・・・・・

Dsc01728

風車でオランダらしい風景を・・・・・・

後方には、外のチューリップ畑が広がります。

Dsc01732

とっとり花回廊の看板が・・・・・ でもここはオランダ・・・・・・・

ゲロパンI(とっとり花回廊出身)が感激のあまり涙・・・・・・sweat02

Dsc01734

そして、オランダでお花見です。

Dsc01745

ゲロパンМも記念撮影。

Dsc01752

オランダでも快調なゲロパンD・・・・・

Dsc01755

森の中を続く小道・・・・・・

両側には綺麗な花々・・・・・・

入園時間が早かった為、人影はまだわずか・・・・

静かな園内に鳥の声が聞こえますchick

Dsc01754


お散歩ゲロパンI´(アイダッシュ)

Dsc01771

森の中の広場で集合写真を撮影good

Dsc01781

名物のムスカリリバーshineshine

青い花の流れが森の奥から続きます・・・・・・・

Dsc01786

先代白熊もぼけ防止のため散歩impact

Dsc01790

石川狐も駆け回ります・・・・・・

Dsc01796

ゲロパンE は去年行ったハウステンボスを懐かしみます・・・・・・

でも、「ハウステンボスより全然凄いsign03」だそうです。 当たり前です。

Dsc01798

ひらくん(平川ベア)は花の小道に感激notes

Dsc01804

珍しい色合いのチューリップと記念撮影する白熊十一代目。

Dsc01812

カラフルが大好きな二代目隊長・・・・・

Dsc01825_2

あちらこちらで記念撮影です。

Dsc01827

歩けど歩けど、何処までもお花で一杯・・・・・・

Dsc01830

園内には大きな池があり、白熊こどもcherryもなごみます・・・・・

Dsc01835

お花畑の先には、カフェや売店もあります・・・・・

Dsc01856

次々に現れる美しい花たち・・・・・・

時間があっという間に過ぎてゆきます・・・・・

Dsc01861

時刻は11時前。

園内に人が増えてきました・・・・・・

そろそろお土産を買いに行かないと・・・・・・

Dsc01868

と思っても、ぬいぐるみはなかなか記念撮影を止めてくれませんimpact

ポーズを決めてカメラに収まる うずうず(白熊なると)

Dsc01891

二代目隊長も止まりませんimpactimpactimpact

Dsc01900

チューリップの陰から「呼んだ??」をやってみたり・・・・・

Dsc01901

ピンクのチューリップに挟まってみたり・・・・・

Dsc01904

白い水仙の香を嗅いだり・・・・・

Dsc01908

といつまでも・・・・・・・

Dsc01913

さあ、お土産sign03

と二代目隊長をひきたて・・・・・・・

時間ギリギリまで買い物しました・・・・・

おかげで最後はバスまで走り、集合時間オンタイムでバスに乗り込みましたcoldsweats02

Dsc01915

本当に美しいキューケンホフ公園・・・・・・

お出かけ隊は、素敵な素敵な思い出を胸に刻みましたheart01

つつ゜く・・・・・・・

2014年5月 2日 (金)

ゴールデンウイーク

notesnotesnotes明日から5月5日まで、ブログをお休みいたします。

お出かけ隊 欧州遠征 の後半の記事は、5月6日より順次アップしますので、皆様今しばらくお待ちくださいませ・・・・・・・

Dsc01143

それでは、皆様よい休日をお過ごしください・・・・・・

2014年5月 1日 (木)

千年藤

連休と連休の間の為、欧州遠征の記事はお休みしております。rvcar

さて、昨日、仕事で近くまで来たので「山崎町」大歳神社に立ち寄り、千年藤を鑑賞して参りました。

Dsc01052

無料の駐車場に車を停め・・・・・・・

Dsc01055

山崎町が大好きな「さんくま」こと白熊三代目が張り切って御案内・・・・・

Dsc01058

Dsc01062

山崎町上寺の大歳神社境内にある藤は、兵庫県の指定文化財(天然記念物)に指定されており、天徳四年(960年)に植えたと伝えられています。

幹回りが約3.8mもある大木から枝が四方に伸び、境内一面に広がる藤棚は約420平方mにも及びます。4月下旬からの花期には、1m~1.4mの花房が垂れ下がり、境内を埋め尽くす様は壮観です。平成13年には、環境省の「かおり風景100選」の一つに選ばれました。

Dsc01061

境内には藤の甘い香りが漂います・・・・・・

Dsc01068

さんくま・ひらひらのコンビで藤に戯れます・・・・・・・

Dsc01064

昨日の雨で一気に開花した模様・・・・・・・

白熊二代目のお天気調整が入ったのでしょうか・・・・・・

Dsc01073

と思ったら、やはり来ていました・・・・・・・

Dsc01082

たとえ近場のお出かけでも、この熊は必ず付いてきます・・・・・・

Dsc01090

藤の大木・・・・・

幹が太いですねsign03

日舞の「藤娘」の舞台装置のようです。

Dsc01104

「藤娘」に成りきる白熊二代目・・・・・・

Dsc01112

藤の下で一応記念撮影。

Dsc01115

藤に見とれてお参りがまだでした・・・・・・

今日の日の感謝をこめてお参りします。

Dsc01127

藤娘の銅像があります・・・・・

昔、日舞を習っていたときこの踊りはお稽古しました。

長唄の ~むらさき深き 水道の水に~ という唄のところが大好きでした。

Dsc01132

shine

この日は、6~7分咲きだったそうで、見頃は5月の連休shine

ブログをご覧の皆様、ぜひ訪れてみてくださいhappy01

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック