明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« お出かけ隊 ドイツ遠征④ ルートヴィスブルグのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征⑥ ギーンゲンのシュタイフミュージアム »

2014年12月25日 (木)

お出かけ隊 ドイツ遠征⑤ ウルムのクリスマスマーケット

3日目の朝。

Dsc00579

ゲロパンD(デー)は元気に朝食会場へと現れました・・・・・

2連泊したシュツットガルトのホテルはチェックアウトです。

Dsc00592

今日は、バスでローテンブルグへと移動します。

いよいよ旅の中盤です・・・・・

Dsc00602

途中で、まず「ウルム」という街に立ち寄ります。

ドナウ川沿いのこの街には、世界一高い大聖堂があります。

Dsc00608

奥に見えるのが大聖堂。

塔の高さは約161m。 先端が霧にかすみ見えません・・・・・・

Dsc00611

大聖堂へ通じる通りは、お店が立ち並びにぎやかです。

ミューラーというドラッグストアがきらびやかですね・・・・・

Dsc00614

ここは、物理学者「アルバート・アインシュタイン」の生まれた街。

余談ですが、ゲロパンDは共産党ですっ。

Dsc00621

お花や野菜、果物を売る屋台も出ています。

Dsc00622

果物の種類が結構豊富なのに驚きました。

Dsc00623

大聖堂前の広場にクリスマスマーケットが開かれていて、ここが入口です。

Dsc00625

まだ9時を回ったところなので、マーケットは開店していません・・・・・

Dsc00629

開店前のマーケットに大聖堂、そしてゲロパンDが迫ります。

Dsc00633

「屋根が山小屋風で可愛いマーケットですね」と故郷の山口を懐かしむ秋吉熊夫君

Dsc00638

クリスマスマーケットには、イエス・キリスト生誕の模様を描いた「クリッペ」が必ずありますが、ここウルムでは、本物の生きたロバやヤギ・羊が出演しています。

Dsc00639

干し草を食べながらくつろぐ姿に臨場感があります・・・・・

Dsc00643

さて、大聖堂の中を見学しましょう。

Dsc00660

「大聖堂は、1377年から建築がはじまり500年以上の歳月をかけて1890年に完成。とても大きなゴシック様式の建築物ですよ。」と博識の秋吉熊夫君。

ルートヴィスブルグでお友達ができたようです。

Dsc00667

外へ出て下から見上げる大聖堂は大迫力です。

Dsc00674

さて、次はドナウ川を見に行きましょうか・・・・

Dsc00678

鮮やかな壁画のこの建物は「市庁舎」です。

Dsc00682

こちら側には、大きな天文時計も取り付けられています。

Dsc00688

正面は、「肉屋の塔」 少し傾いています・・・・・

Dsc00690

ウインドウデイスプレイにたくさんの白熊が❕

二代目隊長の顔が思わずほころびます・・・・

Dsc00691

さてさて、門をくぐり・・・・・

Dsc00697

城壁の外へと出てきました。

Dsc00699

ドナウ川です。

ここを下るとオーストリアのウィーンまで行けるのですね〜

「次回のお出かけ隊遠征はウィーンじゃ‼」と勝手に誓いをたてる二代目隊長・・・・・

Dsc00703

もう一度、大聖堂へと戻ります。

Dsc00707

ウルムのクリスマスマーケットがオープンしています(^^♪

Dsc00758

ここで1時間余りのフリータイム。

ゆっくりとマーケットを探検しましょう・・・・・

Dsc00711

昨日訪れた、シュツットガルトやルートヴィスブルグとは違った趣のあるマーケットです。

Dsc00720

レープクーヘンのお店を探すのが楽しみになっている二代目隊長(^◇^)

Dsc00725

この後に訪れる予定の「シュタイフ社」のディスプレイがありました。

ぬいぐるみのクリスマスマーケットを描いていて、あまりの可愛さに5分間釘づけになりました・・・

Dsc00729

病身のゲロパンDもクリスマスマーケットを楽しんでいます。

Dsc00733

「お店がたくさんあるよー。早く早く〜」と親父を急き立てる白熊こども

Dsc00751

小腹がすいたので、ソーセージを食べることにしました。

Dsc00753

お店のお姉さんに「ソーセージをパンにはさまないでください」とお願いしたら、このようなものを作ってくれました。

ソーセージにトマト味のスープを注ぎ、カレー粉をかけたもので非常に美味しかったです!(^^)!

Dsc00755

そして、ここでもグリューワインを・・・・・

グリューワインとは、温めたワインにハーブやスパイス・シロップなどを加えて味付けしたもので飲むと体が温まります。

赤ワインベースが一般的ですが、ウルムでは白ワインベースもありました。

カップはもちろん持ち帰りです。

Dsc00710

楽しい時間はあっという間に過ぎ、出発の時間となりました。

白熊二代目は、ウルムの大聖堂を背に、次の目的地へと向かいます。

続く・・・・・・・

« お出かけ隊 ドイツ遠征④ ルートヴィスブルグのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征⑥ ギーンゲンのシュタイフミュージアム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

荘厳な大聖堂、直に見たら言葉がでないほどに、
感動が大きいでしょうねshine素敵!
カメラを手にする白熊二代目さんの姿が目に浮かぶようです。happy01
ウインドウデイスプレイの中の熊さんやクリスマスマーケットに、冬景色を感じる私です~。

loveletterみにさま
コメントありがとうございます。

大聖堂は本当に迫力がありましたsign03

ウルムという街は、ロマンチック街道とかから外れているのでさして気にもしていなかったのですが、来てみるとどちらを見ても被写体だらけでお出かけ隊一同大忙しでしたdash

クリスマスが来ると地球もようやく一回りですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/60863157

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ隊 ドイツ遠征⑤ ウルムのクリスマスマーケット:

« お出かけ隊 ドイツ遠征④ ルートヴィスブルグのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征⑥ ギーンゲンのシュタイフミュージアム »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック