明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« お出かけ隊 ドイツ遠征⑤ ウルムのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征➆ ローテンブルグの夜 »

2014年12月26日 (金)

お出かけ隊 ドイツ遠征⑥ ギーンゲンのシュタイフミュージアム

ウルムからバスで40分少々・・・・・・

お出かけ隊は、ギーンゲンという小さな街へやってきました。

Dsc00772

この街に住む「マルガレーテ・シュタイフ」という女性が一家の協力のもと「くまのぬいぐるみ」を作り出し、そのぬいぐるみがアメリカに渡り「テディベア」ブームを巻き起こしました。

ここは、テディベアの故郷。

そして、お出かけ隊の聖地でもあります。

Dsc00773

ここに、製造元のシュタイフ社の工場と、体験型ミュージアム「シュタイフミュージアム」があります。

Dsc00775

ミュージアムの窓からテディベアが手を振っています。

ぬいぐるみ好きは思わず目頭が熱くなります・・・・・・

Dsc00777

「フレンドツアーを選んだ理由の一つは、このミュージアムがツアーの行程に入っていたからなんじゃ!」と二代目隊長。

さあ、中に入りましょう。

Dsc00779

ロビーには、可愛いディスプレーがあります。

このディスプレーは季節ごとに変わるのでしょうか?

今はクリスマスの景色。

Dsc00783

ぬいぐるみのクリスマスマーケットに頬が緩みっぱなしです(*‘ω‘ *)

Dsc00786

売店には、可愛いぬいぐるみたちが‼

ミュージアム見学の後、ゆっくりと買い物ができるそうです。

Dsc00787

ここがミュージアムの入り口。

Dsc00788

この熊さんは売店担当の方だそうです。

Dsc00791

さて、とりあえず昼食が先(^^♪ということで、ぬいぐるみがシェフをつとめるピストロへ・・・

Dsc00792

ピストロクノフと読むのでしょうか・・・・・

カジュアルな感じで、くつろげそうです。

Dsc00794

メニューは読めませんが、セルフ形式になっているみたいです。

我々は、ツアーなのでセットメニューになっているようです。

Dsc00796

まずは、キンダーパンチという飲み物がでました。これは、アルコール無しのグリューワインで甘いです。 こどもにぴったりですね。

このカップは持ち帰りできないのですが、お店にお願いして売っていただきました(^◇^)

Dsc00798

お料理は、「マウルタッシェン・ポテト添え」 西洋風餃子です。

Dsc00801

ここでも、白ワインをいただきました。ドイツはワインが本当に美味しい‼

Dsc00803

デザートは、アイスクリームのチェリーソースがけ

「皆さんに大好評ですね」と白熊十一代目

Dsc00804

テディベアの故郷ということで、お出かけ隊も特別にご相伴させていただきました。

Dsc00806

さて、ミュージアムの見学開始です。

テディベアが生まれ、世界中で愛されるようになるまでをストーリ仕立てで見せてくれます。

言語は、すべて日本語でした。

まずは、マルガレーテ・シュタイフさんの仕事場からお話が始まります。

Dsc00808

マルガレーテ・シュタイフさんは、幼少時に小児麻痺を患い身体に障害をお持ちになった方ですが、幾多の苦難を乗り越え、世界中に愛される「くまのぬいぐるみ」を作り出されました。 この方なくして、お出かけ隊の存在はあり得ないのです。

実は、ドイツに行く前に「シュタイフ物語」という映画をDVDで見て予習していたので、感慨もひとしおです。

Dsc00810

マルガレーテ・シュタイフさんの仕事場から、エレベーターに乗って自動的に3階に連れていかれました・・・・・

Dsc00813

ここでは、「テディベア」を乗せた船が行方不明になり、それを探しにくまちゃんとその友達が冒険の旅に出る模様をディスプレイで見せてくれます。

Dsc00815

海の中の模様です。

逆さのキリンが面白いですね。

Dsc00821

くまちゃんも海底を探検します。

Dsc00828

ここは、北極でしょうか・・・・・

寝転がっている白熊親子が、普段の二代目隊長みたいで面白かったです・・・・・

Dsc00831

アザラシやペンギンたちもいます。

Dsc00832

シベリアンハスキーも・・・・・

Dsc00847

結末は、実はテデイベアは世界のいろんなところにいて活躍していますよ‼

ということで終わりですけど・・・・・・

Dsc00850

Dsc00852

Dsc00854

数々の描写が、ぬいぐるみ好きの心の琴線にふれ、ここでも目頭が熱くなります。

Dsc00863

ストーリーの見学が終わり、ここからは等身大のぬいぐるみと自由に触れ合う時間。

もちろん、ヌイグルミに乗ってもかまいません。

Dsc00864

二代目親子はタイに旅行した時も象さんに乗りましたが、ここでも再び・・・・・・

Dsc00867

しかしながら、お出かけ隊が何をしても全然違和感がありません!(^^)!

Dsc00874

際限なく戯れるお出かけ隊・・・・・・

Dsc00879

「この熊さんは勉強家なんだよ!」と白熊十一代目。

仲良くなった模様です。

Dsc00880

大蛇に頭をかまれそうな十一代目(;゚Д゚)

Dsc00881

「実は、この大蛇は3階から2階に降りるためのすべり台なんや」と二代目隊長。

Dsc00882

この中をすべります。

ツアーの皆さんがことごとくチャレンジされていましたので、二代目隊長もトライ‼

Dsc00894

けっこう急角度でスリルがありました。

Dsc00888

クロクマさんと記念撮影を終え、

Dsc00890

テディベアの作業工程の展示。

Dsc00891

職人さんが実際に作っていました。

Dsc00892

パーツの説明・・・・・

首の飛んだクマさんみたいで痛々しい・・・・・

Dsc00893

工場の写真・・・・

Dsc00896

さて、いよいよ売店へ

「子供にこそ最良のものを」というマルガレーテ・シュタイフさんの精神を受け継ぎ、ここのぬいぐるみはブランドで高級品。

したがって、お値段も高めです。

Dsc00901

いつもなら、「どうせ、わしなんか・・・・・」と二代目隊長が僻みますが、今日はお出かけ隊の聖地に来たせいか浮かれています。

ぬいぐるみは値段ではありません、買った後の活躍により価値が決まります。

ということで、正真正銘の「シュタイフくま」さんを一名購入しました。

Dsc00904

充実した楽しい時間があっという間に過ぎ、シュタイフミュージアムを後にします。

Dsc00907

窓からくまさんがいつまでも手を振ってくれています・・・・・・・

Dsc00913

バスの駐車場まで白熊十二代目がご案内・・・・・

Dsc00917

「ここは、本当にシュタイフの街ですね。また来たいです。」と白熊十二代目

Dsc00918

さあ、バスに乗ってローテンブルグへと向かいましょう・・・・・・

続く・・・・・・

« お出かけ隊 ドイツ遠征⑤ ウルムのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征➆ ローテンブルグの夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きゃーhappy01
ぬいぐるみの冒険!
ストーリー仕立ての夢ある空間は私好みhappy02
また直に触れ合える広場?は嬉しいですね~

二代目ちゃんたち、ドイツのぬいさんたちとも
仲良しになれましたのでは。
拝見していて、ほっこり。
ぬいさん好きとしては心が洗われるようだわ。

loveletterみにさま
コメントありがとうございます。

そうなんです、ぬいさん好きにはたまらない場所ですよーshine

お出かけ隊はドイツのくまさんたちと仲良くなり楽しそうでした。
ぜひまた行きたいですheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/60864835

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ隊 ドイツ遠征⑥ ギーンゲンのシュタイフミュージアム:

« お出かけ隊 ドイツ遠征⑤ ウルムのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊 ドイツ遠征➆ ローテンブルグの夜 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック