明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 新年のご挨拶 | トップページ | マイナンバーへの不安② »

2015年6月 2日 (火)

マイナンバーへの不安①

Dsc04450

皆様、御無沙汰しております。やらなきゃやらなきゃと思っていると時間だけが経つのが世の常でして、
色々アップロードしなければ...との思いにかられていると気が付けば5ヵ月間更新していませんでした。
ごめんなさい。すこしづつ書きますので気長にお待ちください。

本格的な欧州見聞記も控えているのですが、その前に、気になったのが先の年金情報流出事件。

今回流出したのは、基礎年金番号、氏名、生年月日、住所の4情報。
日本年金機構は該当者に対し、週内にも個別に謝罪の手紙を送り始める予定だそうです。

個人的に気になった点が3つ。1つは『原因』です。
厚労省によると電子メールにウイルスが入った添付ファイルを職員が開けてしまったことにより、職員のパソコンが感染し、
年金機構のサーバー内にある共有フォルダから、情報が抜き取られ、流出したらしく、
また同省によると、送付されたウイルスメールの件名は、「厚生年金基金制度の見直しについて(試案)」などとされていて、
厚労省が公表している年金関係の文書の見出しと同じだったという事です。
最重要情報を扱う国の出先機関のトップがうっかり添付ファイル確認とは...。お粗末にもほどがあります。
流出させた職員の名前は流出しないのはある意味フェアではありません。

1つは詐欺の増加です。ここまで派手に事件をやると、流出にかこつけて4情報(基礎年金番号、氏名、生年月日、住所)+α
を聞き出す輩が出てきます。情報流出そのものも怖いですが、やはり実際の被害はこちらの方が目に見える形で、しかもすぐに発生するはずです。
たとえ機構側の人間が「こちらから情報をお聞きすることは一切ございません」といくら言ったところで、詐欺業者が
「この度はご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という事実を口にすれば、
大概の人は機構側の人間だ、と信じてしまう...。

(つづく)

ちなみに新聞には
「自分の情報が流出したかどうか早く確認したい場合には、専用の電話窓口にかける必要がある。
ほかに全国に312カ所ある年金事務所でも確認できるとしている。」
とありました。こういう一言を詐欺業者がうまく転用して詐欺に用いるんですよねぇ。

« 新年のご挨拶 | トップページ | マイナンバーへの不安② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/61684816

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバーへの不安①:

« 新年のご挨拶 | トップページ | マイナンバーへの不安② »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック