明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年7月

2015年7月21日 (火)

白熊二代目10周年記念 お出かけ隊 春のベネチア⑥

いよいよベネチア最終日。

この日は16時までフリータイムですが、朝8時にスーツケースをホテルに預けます。

Dsc02984

テッド兄弟は大変不満そうですが、一足先にスーツケースに入っていただきます。

Dsc02986

雨はほとんどやみました・・・・・・

さあ、スカルツィ橋を渡りましょう!

Dsc02989

雨に濡れた石畳の道を進むお出かけ隊・・・・・

Dsc02999

運河沿いの道を歩くのもあとわずか・・・・・・・

Dsc03004

細い路地も非常に静か・・・・・・・

迷路のような道を心行くまで楽しみます。

Dsc03005

最終日なのでお土産を購入しなくては!

Dsc03010

パスタがたくさん並んでいます・・・・・

さまざまな色や形。ゴンドラをかたどったものまで有ります。

Dsc03011

リアルト橋の上にもお土産屋さんがたくさん・・・・・

お店を眺めるだけでも楽しいです。

Dsc03017

さて、サン・マルコ方面へ歩いていきましょうか・・・

Dsc03028

広場の奥に傾いた鐘楼が見えます。

ベネチアは地盤沈下が進んでいるようです・・・・・・・

Dsc03040

ブランドショップやホテル・銀行などが並ぶ「3月22日通り」にでました。

イタリア語では、「カツレ・ラルガ・イル・22・マルツオ」だそうです。

Dsc03041

奥にサン・モイゼ教会が見えます。

Dsc03045

プラダや・・・・・・

Dsc03052

ルイ・ヴュトンなど・・・・・・

お出かけ隊には縁の無いお店を眺めながら・・・・

Dsc03047

サン・モイゼ教会を礼拝。

Dsc03058

2日ぶりに雨が止んだサン・マルコ広場。

Dsc03060

これから、昨日まで荒天&水上バスの乗り場がわからなくて行けなかった対岸のサン・ジョルジョ・マッジョーレ島に渡ります。

Dsc03064

この地てさな島には美しい教会が建っています。

Dsc03100

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会です。

Dsc03074

内部は明るく、真っ白な天井や柱が白熊の共感を呼びます。

Dsc03083

せっかくなので、エレベータで鐘楼に登ります。

Dsc03086

上から眺めるベネチア本島

Dsc03091

サン・マルコ広場やドゥカーレ宮そして後方に山々がすっすらと見え、ベネチアが島であることが確認できました。

Dsc03108

しかしながら風が強く非常に寒いので、滞在時間25分でお迎えの船に乗り島から退却impact

Dsc03111

体が冷えたので、目についたレストランに飛び込みました。

が、このお店、サービスがよくない・・・・・・

まず、席はたくさん空いているのに入り口間近の席に座らされ、運ばれてきたトマトスープはご覧のとおり盛りつけが汚く・・・・・・

Dsc03112

イカ墨パスタが美味しかっただけに残念です・・・・・・

Dsc03117

もう時間が残り少なくなったので、

溜息の橋や・・・・・

Dsc03147

リアルト橋を目に焼き付け・・・・

ホテルに戻り、帰国準備。

Dsc03160

スカルツィ橋の袂のレストランで少し早い夕食。

Dsc03165

最後に、ピッツア「マルゲリータ」をいただきました。

Dsc03203

街にはだんだんと青空がよみがえりましたが・・・・・

Dsc03218

お出かけ隊は、水上タクシーに乗って空港へと向かいます。

Dsc03268


運河の出口では青空が迎えてくれました・・・・・

楽しい街歩きの4日間、

二代目隊長、またいつかベネチアを訪れることがあるでしょう・・・・・・

終わり

2015年7月20日 (月)

白熊二代目10周年記念 春のベネチア⑤

さて、3日目の朝。この日も一日フリータイムです。

昨日は台風のような荒天でしたが、雨は小降りに・・・・・・

昨夜は、20時に寝たので朝早く目覚め、この日は7時から行動開始。

Dsc02596

白熊十一代目と共に元気にスカルツィ橋を渡ります。

Dsc02599

「やはり雨が降ってきましたね・・・・・」とゲロパンI

Dsc02600

傘を差しながら運河沿いの道「フォンダメンタ」を歩きましょう。

Dsc02604

狭い狭い路地に行き着きました。

「迷路みたいで面白い!」とゲロパンI´

Dsc02608

細い道を抜ければまた違った街並みが・・・・・・

Dsc02611

道を歩けば必ず広場(カンポ)に出ます。

Dsc02614

狭い道でも交通量(通行量)は多いです。傘をさしてすれ違うのが大変

Dsc02615

「迷路のような道の先には必ず運河がありますね」と石川狐

Dsc02620

「家の裏から直接運河に出られるのですね・・・・・係留しているボートは自家用船ですか?」と平川(ベア)君

Dsc02628

「どこまでも行こう!」とお天気調整の失敗を隠し切れず動揺する二代目隊長

Dsc02629

またまた広場に出ました。「カンポ サン・ジャコモ・デルオリオ」です。

Dsc02646

この広場には、教会とカフェがあります。

Dsc02638

ブレックファーストのメニューがあるのでここでしばし休憩することに。

Dsc02635

カフェ店内にはカウンターとテーブル席があります。ブレックファーストを注文すると奥のテーブル席に案内され、素早く料理が出てきました。

Dsc02634

トーストにベーコンエッグという何の変哲もないメニューですが、ドリンクは生絞りのオレンジジュースでこれが大変おいしかったです。

Dsc02648

「朝ご飯が済んだら早く行こうよ!」とせかす石川稲荷ちゃん

Dsc02662

サンポーロ広場を目指して歩いていたのですが、道に迷いいつしか大運河沿いの「サン・スタエ教会」にたどり着きました。

18世紀の建物で、現在は定期的にコンサートが開かれているそうです。

Dsc02663

「つぎはどこにいくのですか?」

Dsc02686

今度は、魚市場にたどり着きました・・・・・

Dsc02693

どの国でも市場は早朝が賑やかみたいで時間が過ぎると非常に静か・・・・・

Dsc02702

それでも、おいしそうな魚や海老がたくさん並べられていて楽しいですね。

Dsc02710

魚市場の隣では果物や野菜が売られています。

Dsc02718

その先には土産物を売る屋台が。

Dsc02720

そして、洒落た服やバッグのお店が・・・・・

こは、リアルト橋の近くです。

Dsc02731

「雨がそろそろ止んできましたねっ」

Dsc02739

「では、そろそろ行きましょうかdash

Dsc02748

「お出かけ隊メンバーは平等に扱ってもらわないと困りますimpact

Dsc02790

初日にテッド兄弟をゴンドラに乗せたため、お出かけ隊メンバーから大ブーイングがおきていました・・・・・・

というわけで、テッド兄弟を除くお出かけ隊メンバー全員で再度ゴンドラに乗る羽目に

Dsc02802

今回は、リアルト橋のそばから乗ってサン・マルコ方面の小さな運河を一周します。

しかしながら、このゴンドリエーレ(船頭さん)は、やる気がないのか携帯電話をしながら器用にゴンドラを漕ぎます。

Dsc02833

しかしながら、リアルト橋の前では船を止めて記念撮影させてくれました。

Dsc02839

ゴンドラの旅も堪能したし、そろそろお昼ですね・・・・・・

Dsc02841

リアルト橋近くの路地で、小さなお店のウェイトレスさんに「ボンジョールノ・プレーゴ・プレーゴ・・・・・」と声をかけられそのまま店内に

Dsc02845

まずは、白ワインとトマトのサラダ。

シンプルながらお皿と盛り付けが非常にきれい

Dsc02849

つづいて、初めて食べる「イカ墨パスタ」

細かく切ったイカの身も入っていて美味しくて病みつきになりそうです。

Dsc02850_2

「こんな真っ黒いもの食べて大丈夫ですか?」とゲロパンDは心配顔

Dsc02853

そしてメインは「豚肉のソテー」

あっさりとした味付けでこれも満足。

Dsc02861

料理が美味しかったので、ついついデザートを注文してしまいました。

Dsc02865

食事を終えて外へ出ると・・・・・

また雨が降っていました。ゴンドラに乗っている間は止んでいたのに・・・・・

Dsc02868

「それぐらいの調整は出来る!!」と二代目隊長

Dsc02874

どうやら、雨も峠を越したみたいで二代目隊長もホッと胸をなでおろします。

Dsc02875

再び水上バス(ヴァポレット)に乗って

Dsc02880

リアルト橋をくぐります。

Dsc02886

この日のゴンドラはもう店じまいでしょうか?

Dsc02889

市場に水鳥が遊んでいたり・・・・・・

Dsc02896

運河を静かに船が行き交ったり・・・・・・・

Dsc02914

街をさまよう白熊がいたり・・・・・・・

Dsc02947

と、この日もベネチアの街は静かに更けてゆきます。

Dsc02962

夕食は、ホテル前の大運河沿いレストランで・・・・・

まずはイタリアワインで乾杯。

Dsc02964

そして、魚介類の前菜盛り合わせ。

海老や蝦蛄、貝類が盛られていて白ワインにぴったりです。

Dsc02972

そして、締めくくりはベネチア風パスタ

大運河を行き交う水上バスを眺めながら美味しくいただきました。

Dsc02982


明日はいよいよ最終日。

ゴンドラに乗って運河臭くなったお出かけ隊も早く休みましょう・・・・・・

つづく

2015年7月19日 (日)

白熊二代目10周年記念 お出かけ隊 春のベネチア④

さて、ベネチア到着2日目です。

添乗員さんの予言?通り朝から小雨rainが降っています。

Dsc02508

とりあえず水上バス(ヴァポレット)に乗ってカナル・グランデを周遊

Dsc02515

「運河の周りには古い建物がたくさんありますね」と白熊十四代目

Dsc02517

「これは、パパドーポリ宮ですか?」と白熊六代目

Dsc02522

アカデミア橋が見えてきました。大運河にかかる木製の橋です。

Dsc02526

この日はまず、アカデミア橋のそばにある「アカデミア美術館」を鑑賞。

14〜18世紀のヴェネツィア派の絵画が集められています。

展示室は建物の2階部分ですが、なかなか見ごたえがあります。

Dsc02527

美術館での鑑賞を終え外に出ると、雨が激しくなっています。

Dsc02531

アカデミア橋の上から眺めた大運河(カナル・グランデ)

風も出てきて橋の上では傘が吹き飛ばされそうです・・・・・

ぬいぐるみが大運河に墜落すると大変なので早々にわたります。

Dsc02538

白い花の良い香りに誘われるように「サン・ステファーノ広場」から街歩きを開始

Dsc02542

雨で体が冷えてきたので、途中のカフェでカプチーノをいただきます。

特にこれといった予定もないので気ままに過ごせます・・・・・

Dsc02546

運河では、雨の中ゴンドラが行き交っています。前日に乗っておいてよかった!

Dsc02548

サン・マルコ広場もご覧のとおり雨に濡れています。

二代目隊長、イタリアの空には力及ばず・・・・・・・sweat01

Dsc02550

「二代目さーん、雨はいつやむのですか!?」

Dsc02551

「二代目さん、お天気調整したはずですよね?」

Dsc02564

「どうせ、わしなんか・・・・・」と黄昏る二代目隊長

Dsc02574

いつまでも空と二代目を恨んでいてもしょうがないので、サン・マルコ広場近くのレストランで昼食にします。

まずは、「野菜コンソメスープ」から・・・・

Dsc02577

そして、サラダとスパゲティトマトソース

ワインを飲みながらいただきます。

Dsc02584

昼食の後は、街歩きを再開

Dsc02586

のはずでしたが・・・・・・

Dsc02587

風雨がますます激しくなってきたので、いったんホテルに戻ります。

Dsc02588

スカルツィ橋の上でも吹き飛ばされそうに・・・・・

ホテルに戻り、しばらくお天気の様子を見ていましたが、台風のような雨風の音が聞こえてきたので、15時をもって今日はここまでとすることに

Dsc02591

近くの店で食料を買い込み、ホテルでゆっくりと休み明日の日に備えます・・・・・・

つづく

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック