明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス➆ ドルトムント

Dsc008741024x768

さて、ドイツに来て3日目の朝。

7時過ぎですが、夜はまだ明けていません・・・・

冬のドイツは日が短いのです。

Dsc00879_1024x768

とりあえず、ブッフェスタイルの朝食をいただき、

Dsc008811024x768

9時の出発まですることが無いので吹き抜けロビーを散策します。

Dsc008861024x768

大きなクリスマスツリーがひときわ美しく、

Dsc00894

記念撮影をしているうちに、

Dsc00896_1024x768

夜が明けてきました。

Dsc00899_1024x768

ケルンの静かな朝です。

Dsc00902_1024x768

今日の行程は、まずドルトムントへ向かいます。

これから毎日バスでの移動が続きます。

Dsc00906_1024x768

ケルンの大聖堂ともお別れです。

Dsc00907_1024x768

ライン川の彼方に日が昇り、

Dsc00908_1024x768

今日も素晴らしい天気が期待できそうです。

Dsc00913_1024x768

1時間40分ほどバスに揺られ、

Dsc00922_1024x768

ドルトムントの町へと入ってきました。

Dsc00925_1024x768

ドルトムントは、ミュンヘンと並ぶビールの町。

そして、サッカーで世界中に名が知られています。

日本人の香川選手がここのチームに所属していることも有名。

Dsc00926_1024x768

ここには、300件以上の屋台が並ぶクリスマスマーケットと世界最大級といわれるクリスマスツリーがあります。

クリスマスシーズンは、学生たちや多くの観光客で賑わいます。

お出かけ隊も、学生の団体に交じってクリスマスマーケットへと急ぎます。

Dsc00933_1024x768

通りには、さっそく屋台が広がっています。

Dsc00935_1024x768

午前中なので、まだ人影もまばら。

Dsc00938_1024x768

「急がないと、ツアーの皆さんに遅れますよ。」と自戒をこめる二代目隊長。

Dsc00939_1024x768

それでも、色々なものを売っているので、

Dsc00941_1024x768

遅れがちです・・・・・・

Dsc00942_1024x768

町の中心、アルターマルクト付近に到着。

Dsc00951_1024x768

クリスマスマーケットは、ここを中心に数か所(5〜7か所?)あります。

全部見ることが出来るでしょうか・・・・・

Dsc00955_1024x768

さっそく、遊戯物に心を奪われる白熊二代目親子。

Dsc00957_1024x768

「楽しいね!パパ!!」と白熊こども

Dsc00961_1024x768

ここで1時間30分ほどフリータイム。

Dsc00963

世界最大級といわれるクリスマスツリーが現れました。

Dsc00966_1024x768

大阪の新梅田シティでよく似たものを毎年見ていますが、ここは迫力が違います。

Dsc00975_1024x768

青空の下、二代目親子もご機嫌です。

Dsc00980_1024x768

そして、どうしても遊戯物が気になる二代目親子。

Dsc00982_1024x768

ゲロパンG も久々のお出かけに張り切っています。

Dsc00985_1024x768

「グリューワインのお店ですね。カロリー表示がないですねannoy」とゲロパンG

このゲロパンは、ダイエットサプリメントの管理をしています。

Dsc00990_1024x768

2階にクリッペがあります。

なんだか、祇園祭の山鉾町みたいですね。

Dsc00992_1024x768

少しずつ人が増えてきました。

Dsc00994_1024x768

クリスマスマーケットの地図です。

Dsc00996_1024x768

「今は、左下の地図のところにおるんや!」と二代目隊長

Dsc00997_1024x768

食べ物を売る屋台が並んでいます・・・・・・

Dsc00999_1024x768

このあと、昼食が控えているのですが、

Dsc01001_1024x768

美味しそうなソーセージのにおいに耐え切れず買ってしまいました。

Dsc01005_1024x768

グリューワインと共にいただきます。

Dsc01013_1024x768

最後まで、遊戯物が気になる二代目隊長。

Dsc01015_1024x768

集合時間となりましたので、ツアーの皆様とバスへと向かいます。

Dsc01019_1024x768

「道路にバスを長時間停車できないので急いでくださーい」と添乗員さんに言われ、しぶしぶクリスマスマーケットを後にする二代目隊長。

Dsc01021_1024x768

ドルトムントのクリスマスマーケット、とても楽しかったです。

つづく・・・・・・


2016年1月30日 (土)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス⑥ ケルンクリスマスマーケット

マリティム・ケルンは、中央に大きな吹き抜けがある近代的なホテルです。




Dsc00698_1024x768

チェックインを済ませ、夕食時間まで2時間ほどフリータイム。

二代目隊長の号令の元、休む間もなく、町へと繰り出します・・・・・・

Dsc00699_1024x768

まずは、ホテルに近いホイマルクトのクリスマスマーケットxmas

Dsc00701_1024x768

ゲロパンDも元気にマーケットを散策します。

Dsc00702_1024x768

日が暮れてきて、電飾が輝きだしました。

Dsc00705_1024x768

屋根の上には白熊のディスプレイ。

Dsc00712_1024x768

「早く行かないと時間が無くなるよー」と白熊こども

Dsc00716_1024x768

「観覧車があるー」とウキウキする白熊こども

Dsc00718_1024x768

屋根の上にはトナカイのそりに乗ったクマサンタ

Dsc00719_1024x768

そしてこちらはニワトリさんですか・・・・・

Dsc00724_1024x768

入り口の門に灯りがともりとても綺麗ですね・・・・

Dsc00729_1024x768

ホーエ通りも大きなクリスマスツリーが飾られ綺麗です。

Dsc00730_1024x768

買い物のため、デパートへ・・・・・・

Dsc00733_1024x768

昨年ニュルンベルグのデパートで見たクマのディスプレーがここにもありました。

Dsc00735_1024x768

雪と戯れる、

Dsc00736_1024x768

たくさんのクマさんたちに、頬が緩みっぱなしです・・・・・

Dsc00738_1024x768

「いつまで見とるんやsign01 はよ行かんかいannoyという、横暴な二代目隊長の言葉にハッと我に返り、次へと進みます。

Dsc00741_1024x768

ホーエ通りを再び大聖堂へと向かいます。

Dsc00748

ライトアップされたケルンの大聖堂

この世のものとは思えないほど美しいです・・・・・・・

Dsc00751_1024x768

そして、大聖堂の下にはライトアップされたクリスマスマーケットxmas

Dsc00755_1024x768

昼間見たものとは全く違うクリスマスマーケットに思えます。

Dsc00761_1024x768

いつまでもいつまでも・・・・・・・

Dsc00768_1024x768

大聖堂を見つめる白熊二代目親子・・・・・・・

Dsc00775_1024x768

夕食時間が迫ってきたので、後ろ髪(クマにはありませんが)をひかれる思いで、

Dsc00786

大聖堂に別れを告げ・・・・・・

Dsc00790_1024x768

少し急ぎ気味に、

Dsc00795_1024x768

アルターマルクト広場のクリスマスマーケットxmasをすり抜け、

Dsc00814_1024x768

無事ホテルに到着。

Dsc00816_1024x768

夕食のレストランにツアーの皆様と集い、食事を開始しましたが、お昼の牛煮込み料理がお腹にこたえ全く食欲がわかないので、早々にレストランを失礼し、

Dsc00820_1024x768

部屋に戻って休もうとしましたが・・・・・・・・

「何をやっとるんじゃーannoy 出かけんかいpunchと二代目隊長の叱責を受け、

Dsc00823_1024x768

再び夜の町へ・・・・・

Dsc00827_1024x768

ゲロパンH(エイチ)共に大聖堂に舞い戻り、

Dsc00834_1024x768

クリスマスマーケットxmasを探検。

Dsc00838_1024x768

この熊さんは本当に元気です。

Dsc00841_1024x768

ゆっくりと色々なお店を見て回りました。

Dsc00843_1024x768

「クリスマスマーケットは夜遅くまで賑わっていますね。」とゲロパンH

この子は、初めてのヨーロッパです。

Dsc00847_1024x768

クリスマスマーケットをゆっくりと歩き(足の痛みが限界なので)、

Dsc00858_1024x768

ホテルへと戻ります。

Dsc00864_1024x768

ホテル近くのクリスマスマーケットにはスケートリンクも併設され、

Dsc00866_1024x768

街の灯りがしみじみと感じます。

Dsc00867

ホテルへ到着し、部屋に入ると、あまりの足の痛みに泣きながら座り込みましたweep

お出かけ隊もこの通りです・・・・・・

Dsc00870_1024x768

「さあ、夜はこれからじゃ。heart04ワインで乾杯しましょうかheart02と二代目隊長。

この熊さんは、本当に本当に元気です。

つづく・・・・・・・


2016年1月29日 (金)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス➄ ケルン

ケルンに到着したお出かけ隊・・・・・・・

Dsc00469_1024x768

目の前には、ケルンのシンボル大聖堂がそびえたちます。

Dsc00470_1024x768

大聖堂の内部は後で見学するとして、

Dsc00472_1024x768

とりあえず、昼食のレストランに向かいます。

Dsc00475_1024x768

SL風の車両が行き交う道を、走ったり転んだりしながら、

Dsc00476_1024x768

ケルン大聖堂の前を通過。

Dsc00478_1024x768

下から見上げるとかなりの迫力があります。

Dsc00480_1024x768

大聖堂前の広場では、クリスマスマーケットxmasが開かれています。

後で探検しましょう・・・・・・

Dsc00483_1024x768

ケルンの名物 オーデコロン 4711 のお店です。

Dsc00485_1024x768

1年ぶりのクリスマスマーケットに胸が高鳴ります。

Dsc00486_1024x768

青空の下大聖堂は美しく、

Dsc00490_1024x768

クリスマスマーケットを見守ります。

Dsc00496_1024x768

白熊三代目もクリスマスマーケットを楽しみにしていました。

Dsc00503_1024x768

大聖堂と白熊二代目親子。

Dsc00507_1024x768

今年は、レープクーヘンを買うため、ユーロに両替して持ってきた白熊二代目です。

Dsc00512_1024x768

クリスマスマーケットで時々脱線しながらレストランに到着。

Dsc00515_1024x768

1511年創業の老舗、ブラウハウスジオン です。

プラウハウスとは、ビールの醸造元。造りたてのビールが味わえます。

Dsc00521_1024x768

ここは、ケルンの地ビール「ケルシュビール」で有名なお店です。

Dsc00524

「のどが渇いたからとりあえずお水ですね」と白熊ひらひら

Dsc00525_1024x768

ケルシュビールはフレンドツアーからのサービスです。

Dsc00530_1024x768

まずは、コンソメスープから。

Dsc00533_1024x768

そして、肉料理と魚料理のチョイスで牛の煮込み料理を選択。

非常にボリュームがありました・・・・・sweat01

Dsc00538_1024x768

デザートは、クリームベリー

Dsc00540_1024x768

ケルシュビールが次々と注がれ運ばれます。

Dsc00544_1024x768

店の前でもう一度記念撮影。

Dsc00552_1024x768

こちらのお店は、「ファリナハウス

オーデコロンを扱っています。

Dsc00563_1024x768

もう一度大聖堂へ戻ります。

Dsc00565_1024x768

SLがクリスマス仕様で可愛いですね。

この車両は、大聖堂からチョコレート博物館までの間を運行しているようです。

Dsc00587_1024x768

ライン川の「ホーエンツォレルン橋」には、恋人たちがささげる愛の南京錠がたくさんかかっていました。

Dsc00591_1024x768

白熊三代目白熊ひらひらもここで再び永遠の愛を誓いました。

Dsc00610

こちらの熊さんは、青空の下、ケルンの大聖堂と記念撮影。

塔の高さは、157mです。

Dsc00617_1024x768

さて、ここからはフリータイム。

Dsc00620_1024x768

とりあえず、ガイドさんについて大聖堂に入ってみます。

Dsc00623_1024x768

僭越ながら、白熊三代目が大聖堂をご案内します。

Dsc00625_1024x768

「この大聖堂は、1248年に着工し、1880年に完成したカトリック教会です。」

Dsc00627_1024x768

「奥行きは144m、幅86mで内部は、鮮やかなステンドグラスで飾られています。」

Dsc00629_1024x768

「祭壇奥には、キリストの誕生を預言した東方三博士の聖遺物を納めた聖棺があります。」

Dsc00633_1024x768

「大聖堂内部は無料で見学できますが、塔に登るには料金がかかります。」

「以上で、白熊三代目によるご説明を終了いたします。」

Dsc00636_1024x768

こちらの熊さん(白熊二代目)は、大聖堂には興味を示さず、早々にクリスマスマーケットに突入しました・・・・・

Dsc00640_1024x768

たくさんのお店が並んでおり、どこから見ようか迷います。

Dsc00644_1024x768

牛の置物?の後ろは、食べ物の屋台。

Dsc00646_1024x768

時間が限られているので、駆け足で見学。

Dsc00652_1024x768

そして、レープクーヘンを購入。

Dsc00656_1024x768

夜になると電飾が綺麗でしょうね・・・・・・・

Dsc00670_1024x768

ケルンのクッキーを売っているお店を発見。

Dsc00672_1024x768

こちらのお店は、試食させてくれます。

美味しかったので、即購入。そして、フレンドリーなお店の方と記念撮影。

Dsc00675_1024x768

まだまだ見て回りたいけど時間切れ・・・・・・

今夜、もう一度訪れましょう・・・・・

Dsc00680

ひとまず大聖堂にお別れし、今夜宿泊するホテルへと向かいます。

Dsc00681_1024x768

4711のお店を通り過ぎ、ホーエ通りを進みます。

Dsc00686_1024x768

途中、ダンキンドーナツのお店が・・・・・・

今回は来ていませんが、事務所にはバンコクのダンキンドーナツ店出身の熊がいます。

Dsc00687_1024x768

ホーエ通りはたくさんお店が並び賑やかです。ここも今夜訪れましょう・・・・・

Dsc00693_1024x768

トラムの線路を横切り、

Dsc00694_1024x768

今夜の宿、ホテルマリティムに到着しました。

つづく・・・・・

2016年1月25日 (月)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス④ ライン川に沿って・・・

Dsc00330_1024x768

リューデスハイムを出発したバスは、ライン川の右岸をケルンに向けて走ります。

Dsc00333_1024x768

バスの最前列に陣取ったお出かけ隊隊長。

Dsc00335_1024x768

初めて見るライン川に心躍ります。

Dsc00337_1024x768

右に左にと古城が現れては消え・・・・・・

Dsc00342_1024x768

小さな町を通過します。

Dsc00343_1024x768

どの町にも必ず教会の塔があり、

Dsc00345_1024x768

各駅停車で訪れたくなります。

Dsc00347_1024x768

ライン川の左岸、小高い丘の上に古城が見えてきました。

Dsc00348_1024x768

調べると、シュターレック城というお城でユースホステルになっているそうです。

Dsc00352_1024x768

そして、前方ライン川の中州に小さなお城・・・・・

Dsc00353_1024x768

プファルツ城といい、ライン川の通行税徴収のため1327年に造られました。

Dsc00354_1024x768

通行税という言葉に反応し、何やら思いついた二代目隊長・・・・・・・

この熊は、お出かけ資金を稼ぐためあらゆる手段で現金の徴収を行います。

Dsc00360_1024x768

ライン川の観光船。

決行大きな船ですね

Dsc00362_1024x768

左岸に町が見えてきました。

Dsc00364_1024x768

古い塔に中世を感じます。

Dsc00370_1024x768

そして、右側にローレライの岩山が・・・・・・


Dsc00372_1024x768

ハイネの詩で有名な「ローレライ」の歌。

水の精の歌声に惑わされ、この辺りで船が転覆したのでしょうか・・・・・・・

Dsc00373_1024x768

ローレライの乙女の像が見えます。

Dsc00376_1024x768

バスはノンストップで走り・・・・・

Dsc00379

お出かけ隊もノンストップで流れる景色を追います。

Dsc00380_1024x768

ザンクトゴアルスハウゼンの町を通過するころには、

Dsc00405_1024x768

素晴らしい青空が広がりました。

Dsc00418

お天気調整の力がある白熊二代目、ドイツのお天気を掌握した模様。

Dsc00425_1024x768

これはマルクスブルグ城でしょうか・・・・・

この後バスはいったんライン川を離れ、ケルンへと向かいます。

Dsc00453_1024x768

サービスエリアで小休止。

Dsc00456_1024x768

バスの周りが賑やかになってきました。

Dsc00461_1024x768

ケルンは歴史の古い街。

Dsc00463_1024x768

ですが、ドイツ屈指の都会でもあります。

Dsc00466

ケルンの大聖堂が見えてきました・・・・・・・

つづく・・・・・・

2016年1月24日 (日)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス③ リューテスハイム

ドイツに来て第一日目。

Dsc00184_1024x768

ヨーロッパに着いた翌日は、どうしても早く目が覚めてしまいます。

ドイツと日本の時差は-8時間。

ぐっすりと眠れたのでお出かけ隊一同元気です。

Dsc00186_1024x768

夜も明けきらぬうちに、朝食会場の本館へ。

夜中に雨が降ったようで、道が濡れています・・・・・・

Dsc00187_1024x768

昨夜は、バタバタとなだれ込んだ入り口で記念撮影。

Dsc00190_1024x768

朝食は、ブッフェサービス。

ドイツは、パンがとても美味しいです。

Dsc00192_1024x768

朝食をいただきながら、昨年のドイツツアーを思い出しました。

あれからもう1年たつのですねsign03

Dsc00195_1024x768

バーカウンターで戯れる二代目親子。

Dsc00198_1024x768

昨夜は霧で全く見えなかった建物の外観です。

Dsc00205_1024x768

中世のお屋敷風ですね・・・・・・

Dsc00207_1024x768

さて、ツアーの予定では、9時30分出発でケルンへ向かいますが、添乗員さんより、「皆さんせっかくリューデスハイムにお泊りなのだから、出発を早めてリューデスハイムの町を少しだけ観光しませんか?」と提案があり、ツアーの皆様+お出かけ隊全員一致で賛成可決。

Dsc00212_1024x768

かくして、リューデスハイムの町へと向かいます。

Dsc00226_1024x768

ここドイツは、労働基準法が厳しく、決められた労働時間しか働かないそうですが、バスの運転手さんは早発を快く引き受けてくださいました。

このバスの運転手(ベーターさん)は、ベルリンまで行ってくださいます。

Dsc00231_1024x768

プレムザー城の前でバスを降り、

Dsc00237_1024x768

有名な「つぐみ横丁」へと向かいます。

Dsc00241_1024x768

ライン川の両岸を列車が行き交います。

Dsc00246_1024x768

道路沿いに小さなクリスマスマーケットがありますが、早朝のためまだ開店していません。

Dsc00248_1024x768

ここがつぐみ横丁の入り口。

Dsc00250_1024x768

小さな小さな通りです。

Dsc00254_1024x768

両側には、ワイン酒場や土産物屋が並んでいますが・・・・・・

Dsc00256_1024x768

どこもまだ開店前です。

Dsc00258_1024x768

クリスマスシーズンらしくサンタのディスプレーがあったりと楽しいですが、

Dsc00260_1024x768

ワインが飲めず少し残念。

Dsc00262_1024x768

「また来たら良いじゃろ!」と旅が始まったばかりなのに次の旅を夢見る二代目隊長。

Dsc00267_1024x768

夕方から夜にかけてはさぞ賑やかでしょうね・・・・・・

Dsc00275_1024x768

つぐみ横丁の突き当りを右に行くと・・・・・・

Dsc00277_1024x768

Dsc00280_1024x768

ケーテ・ヴォルファートの店がありました。

昔はローテンブルグにしかなかったのに、今ではドイツ中で展開しています。

Dsc00292_1024x768

さて、出発時間が迫ってきたのでつぐみ横丁をUターン。

Dsc00294_1024x768

Dsc00297_1024x768

立ち並ぶワイン酒場に心揺れる二代目隊長。

Dsc00302_1024x768

本当にリベンジするかもしれませんね・・・・・・

Dsc00307_1024x768

リューデスハイムはライン川下りの船の発着場があります。

温かい季節に、ぜひライン川下りをしてみたいです・・・・・・

Dsc00312_1024x768

クリスマスマーケットには、グリューワインを売る店が・・・・・・・

ケルンについたら飲みましょう・・・・・・

Dsc00313_1024x768

早くも美しいドイツに触れ満足のお出かけ隊。

Dsc00322_1024x768

「お天気も回復してきたじゃろ・・・・・・」

Dsc00325_1024x768

さあ、バスに乗ってケルンを目指しましょうsign03

つづく・・・・・

2016年1月23日 (土)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス② ルフトハンザ航空でフランクフルトへ

さて、期せずしてルフトハンザドイツ航空ビジネスクラスの乗客となった白熊二代目。

Dsc00123_1024x768

いささか、緊張気味ですcoldsweats01

Dsc00121_1024x768

「ミレニアムにふさわしいのー」と自画自賛。

Dsc00122_1024x768

ウェルカムドリンクを前に親子で記念撮影です。

Dsc00125_1024x768

我々のコンパートメントをお世話いただくCAさん。

Dsc00129_1024x768

離陸して間もなく、ドリンクの希望を聞かれ、ドイツワインの白にしました。

Dsc00131_1024x768

シートが広いので、お出かけ隊の居場所があります。

Dsc00134_1024x768

続いて、食事のサービス。和食をチョイスしました。

Dsc00141_1024x768

日本茶もサービスされましたが、ワイングラスが空になると素早く白ワインが注がれ、ワイン好きにはたまらない至福の時となりました。

Dsc001441024x768

和食のメインは、豚バラ肉の煮込み風でした。

Dsc00145_1024x768

デザートには、フルーツのほか和菓子もチョイスできます。

Dsc00146_1024x768

「白ワインに和菓子も合うでしょ!」と白熊こども

Dsc00148

さて、そろそろ休みましょうか・・・・・・

シートは180度倒れます。横になれるのはとても楽ですねshine

Dsc00152_1024x768

熟睡したのち、朝食のサービスとなりました。

再び和食をチョイス。

Dsc00155_1024x768

ビジネスクラスは時間がいつもの半分くらいに感じられ、とっても楽でした。

あっという間にフランクフルトに到着です。

Dsc00158_1024x768

フランクフルトの空港は、30年ぶり・・・・・・

とにかく広いですcoldsweats02

出口を目指し延々と歩きます。

Dsc00160_1024x768

以前来たとき、この空港で迷子になったことを思い出しました。

Dsc00162_1024x768

やっとの思いでイミグレーションに到着。

Dsc00163_1024x768

イミグレーションの前は吹き抜けになっており、階下の免税店等が見渡せます。

Dsc00164_1024x768

無事ドイツに入国し、スーツケースを受け取り・・・・・・

Dsc00169_1024x768

バスに乗り込みました。

フランクフルトの空港から、今日の宿泊地 リューデスハイムへと向かいます。

Dsc00172_1024x768

1時間超でリューデスハイムの「ホテル・ヤークトシュロスニーダーヴァルト」に到着。

Dsc00175_1024x768

このホテルは、リューデスハイムの町を見下ろす小高い丘の上にあり、中世の館をホテルに改装したようです。

Dsc00177_1024x768

調度品も歴史を感じさせます。

Dsc00179_1024x768

宿泊する部屋は、ロビーのある本館とは別棟。

霧の中を歩きます・・・・・・

Dsc00181_1024x768

部屋は、狭いですが新しくきれいです。

お出かけ隊、一斉にペットに倒れこみます。

Dsc00183_1024x768

長ーい移動の一日が終わりました。

明日からのドイツを楽しみにおやすみなさい・・・・・・

つづく・・・・・・

2016年1月22日 (金)

白熊二代目10周年記念 北ドイツのクリスマス① 旅立ち 

大変永らくお待たせいたしました。

2015年は白熊二代目が当事務所に来て10周年の記念すべき年。

その年の最後を飾るお出かけが阪神航空フレンドツアー「北ドイツのクリスマス」の旅となりました。

Dsc00008_1024x768

今回も、前回のスイスツアーと同様に東京発なので、クリスマス仕様の伊丹空港へとやってまいりました。

Dsc00013768x1024

実は、今回のツアーを決定する前一波乱ありまして・・・・・・・・

二代目隊長は、スイスの次はオーストリアや!」と意気込み、フレンドツアーのドイツ・オーストリア9日間の旅を早々に申し込んでいました。

ところが、10月の初め旅行会社より「お申込みいただいたツアーは1名催行確約のツアーではありますが、今のところお客様を含めて3名しか集まっておりません。恐れ入りますが別のツアーにお移りいただくと大変ありがたいのですが・・・・・・何卒ご協力いただけませんでしょうか・・・・・」という連絡があり、二代目隊長真っ青に。impact

なんでも、難民問題でオーストリア近辺を巡るツアーが軒並み集まらないそうです・・・・・・

うめき、まどい泣き叫ぶ二代目隊長は置いといて、いつも楽しい旅を提供してくれる大好きなフレンドツアーに協力しない選択肢はないので、代替になるツアーを探していただきたどり着いたのが、「北ドイツのクリスマス9日間」のツアーというわけです。

フレンドツアーには「快くご協力いただけましたから・・・・・」とこちらが恐縮するほどのご配慮をいただき、楽しい旅立ちとなりました。

フレンドツアーの内川さん、色々とありがとうございました。

Dsc00022_1024x768

と、前置きが長くなりましたが、いつもの大阪空港ホテルに前泊し、ツアーの集合場所へと向かいます。

Dsc00038_1024x768

今回参加するツアーは、東京フレンドツアーの商品。

集合は、羽田空港です。

Dsc00046_1024x768

昨年は、南ドイツのクリスマスを訪れました。北ドイツは初めてなのでゲロパンDも期待に胸が膨らみます。

Dsc00051_1024x768

満員のANA22便で羽田へと向かいます。

スーツケースは、宅配便で羽田空港へ送ってあるので身軽なお出かけ隊です。

Dsc00057_1024x768

青空に広がる雲海に胸が高まります。

Dsc00060_1024x768

無事、羽田空港に到着し、国際線ターミナルへ移動。

集合場所で添乗員さんにチケットをいただきチェックインカウンターへ。

羽田から国際線に乗るのは今回が初めてです。

Dsc00066_1024x768

そして、今回のツアーは諸事情によりビジネスクラスcoldsweats01

前回、スイスのチューリッヒ空港での二代目隊長の暴言annoyが現実のものとなりました。

Dsc00068_1024x768

搭乗まで時間がたっぷりあるので、羽田空港国際線ターミナルを探検。

Dsc00070_1024x768

江戸小路」と名付けられた、ショッピング・飲食街があります。

Dsc00076_1024x768

あまり広くはないですが、日本情緒があふれ楽しいです。

無味乾燥の関西空港とは大違いです。

Dsc00078_1024x768

江戸小路の上には、なんと日本橋が造られていました。

「旅立ちは 昔も今も日本橋」

心憎い演出です。

Dsc00081_1024x768

日本橋を渡り、二代目隊長以下お出かけ隊も旅立ちます。

Dsc00083_1024x768

探検を終え、そろそろ出国しましょうか・・・・・・

Dsc00084_1024x768

激込みが当たり前の関西空港とは大違いの手荷物検査場へと進みます・・・・・・

Dsc00087_1024x768

免税品店も閑散としており、ゆっくりと買い物ができそうです。

Dsc00100_1024x768

今回はビジネスクラス利用。

せっかくなので航空会社のラウンジへ立ち寄ってみます。

Dsc00094_1024x768

利用する航空会社はルフトハンザドイツ航空ですが、羽田ではスターアライアンスグループのANAラウンジを利用。

二代目隊長満面の笑み。

テンションが上がります

実はこの熊、出発ギリギリまで「わしはウイーンとザルツブルグに行きたかったんやーcrying」とぐずっていたのですが・・・・・・・

Dsc00092_1024x768

ラウンジには、なんとシャワールームがあり、

Dsc00090_1024x768

無料で使用できます。(当たり前か・・・)

二代目隊長自暴自棄でお天気調整したせいか、この日は12月にしては気温が高め。

にも拘わらず、北ドイツ仕様の厚着で伊丹空港を出発したので羽田に到着し国際線ターミナルに到着した時点で汗だくでした。

さっそく、シャワーを使わせていただきます。

Dsc00088_1024x768

「さっぱりしたじゃろ!」と得意げな二代目隊長の顔がムカつきます。

Dsc00098_1024x768

さて、シャワーの後はラウンジで一休み。

Dsc00096_1024x768

軽食とお酒でくつろぎます。

Dsc00097_1024x768

飛行機を眺めながらのひと時は癖になりそうですね・・・・・・

Dsc00104_1024x768

さて、時間となり搭乗口へ。

これから、15時20分発ルフトハンザドイツ航空717便でフランクフルトへと向かいます。

Dsc00109_1024x768

羽田空港の搭乗ゲートは新しく近代的。

エスカレーターで進みます。

Dsc00110_1024x768

「今回は、左側から搭乗や!」と二代目隊長。

Dsc00112_1024x768

明るい通路を意気揚々と進み・・・・・・

Dsc00115_1024x768

お出かけ隊の「北ドイツのクリスマス」ツアーが始まります・・・・・・

つづく・・・・・・

2016年1月 2日 (土)

2016年 年越し〜初詣

2015年の大晦日。

お出かけ隊は、2016年初詣に備え京都にやってきました。

Dsc00016

宿泊は、四条烏丸に近い「ホテル・チェックイン

Dsc00017

15時過ぎにホテルに到着し、荷物を置き、外出。

Dsc00019

錦天満宮にお詣りするために錦市場を通ります。

Dsc00025

錦市場400年!

近年外国人観光客でにぎわっていますが、歴史の古い市場だったのですね・・・・・・・

Dsc00032

そして、歳の市の最終日。

多くの人で賑わっています。

Dsc00034

狭い通りに人があふれ、途中通れなくなる区間もありましたが・・・・・・・

Dsc00042

なんとか、無事「錦天満宮」に到着。

Dsc00044

1年間の報告と感謝をのべ、年末のお詣り終了。

Dsc00047

つづいて、新京極の「蛸薬師堂」にお詣り。

大晦日には、大根炊きのお接待があります。

Dsc00048

「大根炊き」をありがたくいただき・・・・・・・

Dsc00050

寺町通りのカフェで一休み。

Dsc00055

ホテルに戻り、大浴場でみそぎを済ませ、持参したおせちを広げました。

Dsc00059

昨年、一昨年は見ることができなかった「紅白歌合戦」をお出かけ隊全員で鑑賞shine

Dsc00140

知らない歌手が大半ですが・・・・・

Dsc00151

それでも、お馴染みの歌手の歌にはしんみりとします。

Dsc00185

大トリは松田聖子さん。

昨年の年越しと比べれば、ずいぶんと地味ですがのんびりと新年を迎えることができました。

Dsc00215

明けて2016年元旦

紋付き袴の正装でホテルの食堂に現れた二代目隊長・・・・・・

Dsc00217

まずは、東山の「安井金毘羅宮」へ参拝。

元旦の青空がまぶしいです。

Dsc00221

境内は新春の空気にあふれ清々しいです。

例年「御祈祷」をお願いするのですが、まだ時間的に早かったので、

Dsc00227

つづいて、「八坂神社」へお詣りします。

Dsc00234

干支の絵馬が飾られ華やいだ雰囲気です。

Dsc00241

元旦の午前中なので、人出も少なめ・・・・・・・

大晦日の夜は凄い人出ですが。

Dsc00246

スムーズにお詣りを済ませ・・・・・・

Dsc00262

親子仲良く記念撮影。

Dsc00265

再び、「安井金毘羅宮」へお詣りし、

Dsc00267

御祈祷を受けることができました。

Dsc00272

初詣のラストは二代目隊長御信心の、

Dsc00273

晴明神社」へお詣りしました。

Dsc00281

元旦らしく大勢の人々がお詣りの列を作っていましたが、

Dsc00285

二代目隊長も無事参拝。

2016年度のお出かけ隊として決意を新たにした模様です。

2016年も仕事お出かけ共に使命を帯びて活躍してまいります。

よろしくお願いいたしますsign03

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

Dsc00299


新年 明けましておめでとうございます。

今年も白熊ブログをよろしくお願いいたします。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック