明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ⑥ リクヴィル 

コルマールを後にしたお出かけ隊は、アルザスの美しい村「shineリクヴィルshine」を訪れました。

Dsc058971024x768

ここも前回の欧州遠征で訪れた場所。

          

Dsc02621_1024x768

今回はクリスマス時期の再訪です。

白熊二代目お出かけ隊隊長の願いがかないましたheart04

 

Dsc058941024x768

バスを降りるとクリスマスマーケットの屋台が所狭しと連なります。

Dsc058981024x768

Dsc058991024x768

Dsc059001024x768

Dsc058961024x768

Dsc059011024x768

夏のリクヴィルも人気が有りますが、

Dsc059031024x768

クリスマスのこの時期は、最高に賑わいます。

Dsc059101024x768

とりあえず前回と同じ場所で記念撮影。

ここから1時間ほどフリータイムです。

Dsc059111024x768

前回、リクヴィルで活躍した白熊十一代目平川(ベア)

今回も張り切っています。

Dsc059121024x768

そして、どちらから先に案内役を務めるかでひと悶着。

公平に交互に行うことで決着ですが・・・・・・・・

Dsc059141024x768

「まずは、平川がご案内。dashとにかく凄い人出で、ドルデの鐘楼に向かう村のメインストリートが人で埋め尽くされています。」

Dsc059161024x768

「白熊十一代目もご案内。dashおいしそうなお菓子が色々と売られていますよー」

Dsc059201024x768

お互いに譲り合いながら?通りを歩きます・・・・・・

Dsc059211024x768

「いたるところがクリスマスで彩られています。」

Dsc059231024x768

「愛らしい建物に時を忘れますねーheart01

 

Dsc059241024x768

「さあ、先へ急ぎましょうannoy

Dsc059361024x768

白熊二代目親子は通りの両側に広がるお店を片っ端から眺めます・・・・・・・・・

Dsc059381024x768

親子離れないよう警戒中。

Dsc059421024x768

村のメインストリートとはいえ、道幅はけして広くないですpaper

Dsc059431024x768

クリスマスリースで飾られたお店の入り口や、

Dsc059441024x768

屋根の飾りなど、リクヴィルの村は夏とはまた違った雰囲気に包まれます。

Dsc059451024x768

「前回ワインの試飲をしたお店ですねっ。後で立ち寄りましょうー」

Dsc059471024x768

「前はこのお店で帽子を買いましたねー」

Dsc059521024x768

「二代目さんが店番をしていたお菓子屋さんですよー」

Dsc059541024x768

ドルデの鐘楼が見えてきました。

色々と思い出にひたりながら歩を進める平川(ベア)

Dsc059621024x768

ここですかさず記念撮影ribbon

Dsc059691024x768

クリスマス模様に綺麗に飾られたお店xmas

Dsc059781024x768

お土産に、名物のクグロフを買いましたhappy01

Dsc059801024x768

年中クリスマスグッズを売る「ケーテ・ヴォルハート」のお店は入店待ちの列ができています。

Dsc059811024x768

さて、こちらのお店ではxmas

Dsc059821024x768

屋根から雪が降ってきますshine

Dsc059831024x768

白熊二代目親子は、思わぬ演出に大喜びhappy01

Dsc059891024x768

色々と寄り道をしましたが、

Dsc059911024x768

最後に、前回ワインの試飲をしたお店に入ります。

Dsc059921024x768

入り口のキツネも健在crown

Dsc059951024x768

前回は、ツアーで予約しての入店でしたが、お出かけ隊が単独で入店しても快く親切に試飲をさせてくれました。

結果、アルザスワインを3本購入fullmoon

Dsc060001024x768

リクヴィルに夕刻が近づき、

Dsc060051024x768

お出かけ隊には集合時間が近づいてきました。

Dsc060061024x768

まだまだ見て回りたいクリスマスのリクヴィルに、

Dsc060071024x768

残念ながらお別れです・・・・・・

Dsc060131024x768

色々なお店に未練は残りますが、

Dsc060101024x768

次の目的地に向かいましょう・・・・・・・

つづく・・・・・・・














2017年1月28日 (土)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ➄ フィリンゲン・シュベニンゲン~ コルマール 




Dsc05444768x1024

3日目の朝、今日は、8時30分にホテルを出発します。

Dsc054311024x768

早起きして、早朝のフィリンゲン・シュベニンゲンの町を散策・・・・・・

Dsc054331024x768

朝焼けの空に目を覚ます、

Dsc054271024x768

この風景も夜と同じくらい素敵です。

Dsc054351024x768

中世の面影が残る町並みは、

Dsc054371024x768

いつまでも眺めていたいですが、

Dsc054471024x768

まもなく出発の時間となりました。

Dsc054461024x768

ホテルへと戻り、スーツケースを引きずりながら石畳の道を歩きます。

Dsc054501024x768

城壁の外へ出ました。

Dsc054531024x768

バスは、この門より中へ入ることができません。

Dsc054691024x768

さて、バスに乗り込み国境を越えてフランスのコルマールへと向かいます。

Dsc05471_1024x768

コルマールは、前回の欧州遠征 で訪れた思い出の場所。

Dsc054881024x768

お出かけ隊が、過ぎし日を反芻すること約2時間で、

Dsc055091024x768

コルマールの町に到着しました。

Dsc055141024x768

クリスマスシーズンは、旧市街への車両の乗り入れは禁止されているため、

Dsc055131024x768

駐車場でバスを降り徒歩で向かいます。

Dsc055151024x768

所々にあるディスプレイがすべてクリスマス模様・・・・・

Dsc055171024x768

Dsc055181024x768

Dsc055231024x768

テンションが高い白熊二代目隊長です・・・・・・・

Dsc055281024x768

まずは、ウンターリンデン美術館前の観光案内所へ・・・・・・・・

Dsc055351024x768

今日は、昨年ドイツから来たベル・クマ君が案内役です。

Dsc055371024x768

「前回訪れたのは7月。ただ暑かったということしか覚えてないので、今回は色々と楽しみたい」と白熊二代目隊長が希望を述べます

Dsc055391024x768

それでは、ツアーの皆様と旧市街を歩きましょうrun

Dsc055291024x768

旧市街には、アルザス風の木組みの家が立ち並び窓辺はクリスマスの飾りでおしゃれです。

Dsc05544_1024x768

まずは、カテドラル広場へ・・・・・・

Dsc055481024x768

早くもクリスマスマーケットが現れましたhappy01

Dsc055551024x768

久々の遊戯物に心躍る白熊二代目親子。

Dsc055631024x768

ホットドックなどの軽食を売る屋台や、

Dsc055721024x768

窓辺の白熊

Dsc055741024x768

焼栗やみかんを売るお店など、お出かけ隊にとって楽しさ満載です。

Dsc05578768x1024

サン・マルタン大聖堂前へと出てきました。

Dsc055941024x768

ヴォージュ山脈で採れた赤砂岩で造られたサン・マルタン大聖堂が、太陽の光を浴びて輝きます。

Dsc055881024x768

さて、旧市街の散策を続けましょう・・・・・・

Dsc056031024x768

途中、お土産物屋さんに心乱れる二代目親子。

Dsc05610768x1024

ブフィスタのへとやってきました。

Dsc056141024x768

ここの通りには色々なお店が並び、白熊二代目の買い物心をくすぐりますsweat01

Dsc056161024x768

ツアーの皆様はどんどん先へ・・・・・・・

「お出かけ隊も急ぐんじやーsign03と号令をかける二代目隊長impact

Dsc056241024x768

といいながらも大きなヌガーを前に記念撮影scissors

Dsc056311024x768

旧税関広場へとやってきました。

Dsc056361024x768

ここまでおとなしくついてきたベル・クマ君が弾けますheart04

Dsc056381024x768

「ここは、コルマールでも代表的な見どころですね」

Dsc056411024x768

「この風景も有名ですね」

Dsc056501024x768

通りの奥には、サン・マルタン大聖堂の塔crown

Dsc056461024x768

お出かけ隊は、ドミニカン広場へと向かいます・・・・・

Dsc056641024x768

ここでは、大きなクリスマスマーケットが開かれています。

しばしのフリータイムhappy01

Dsc056661024x768

色々な屋台を物色する白熊二代目親子shine

Dsc056711024x768

冬ながら日差しが強く、少しも寒さを感じませんsun

Dsc056791024x768

色々と見て歩くうちに時間が過ぎ去り、

Dsc056811024x768

集合時間となりました。

Dsc056991024x768

クリスマスマーケットに後ろ髪(クマにはありませんが・・・・・)引かれながら、次へと向かいます。

Dsc057081024x768

カラフルな家々が見えてきました。

Dsc057111024x768

ここからは、運河沿いに可愛らしい建物が並びますshine

Dsc057151024x768

美しい風景にうっとりとする白熊二代目親子と、

Dsc057171024x768

ベル・クマ君。

Dsc057101024x768

小さな教会の模型も愛らしく

Dsc057191024x768

次は、プティット・ベニスを目指します。

Dsc057381024x768

ここの眺めも有名ですねheart01

Dsc057431024x768

さて、プティット・ベニスの広場へとやってきました。

Dsc057611024x768

ここにも、小さなクリスマスマーケットが開かれています。

Dsc057771024x768

しばし、フリータイムです。

Dsc057651024x768

「フレンドツアーは、所々のクリスマスマーケットでフリータイムをとってくれるのーheart04

と白熊二代目隊長ご機嫌です。

Dsc057721024x768

クリスマスマーケットによって品ぞろえも異なり見飽きませんxmas

Dsc057491024x768

そして、ここは遊戯物が充実

Dsc057931024x768

遊戯物からシャボン玉が弾けるのを飽きずに眺めるうちに時間となりました。

Dsc057991024x768

さて、昼食のレストランへと向かいます。

Dsc058041024x768

バスの乗り入れは出来ないので徒歩で移動です。

Dsc058111024x768

レストランは、コルマールの鉄道駅構内とのこと・・・・・

Dsc058151024x768

レンガ造りの駅舎に到着しました。

Dsc058181024x768

レストランの入り口は、なんとホーム側dash

Dsc058211024x768

というわけで、コルマールのホームを歩きますcoldsweats01

Dsc058221024x768

食事は、まずアルザスの名物タルトフランベ

Dsc058231024x768

前回コルマールを訪れた時にも食べましたが、このお店のタルトフランベはあっさりとして食べやすかったです。

Dsc058251024x768

続いて、サーモンのグリルヌードル添え

今回は、付け合わせにヌードルがよく登場します。

Dsc058271024x768

そして、デザートはメレンゲです。

Dsc058291024x768

乗りもの好きの二代目隊長、

Dsc058301024x768

フランスの鉄道に乗る野望を抱きました・・・・・・

Dsc058311024x768

駅には、自販機もあります・・・・・・・

Dsc058351024x768

駅前広場もクリスマス一色xmas

Dsc05837768x1024

風格のあるコルマール駅ともお別れして、

Dsc058441024x768

再び徒歩でバスの駐車場へと向かいます。

Dsc058471024x768

クリスマスツリーに使うもみの木が売られていました。

買って帰りたかったですsweat02

Dsc058571024x768

アルザスのお洒落な町コルマールを再訪でき、

Dsc058591024x768

深い感慨に浸る白熊二代目お出かけ隊隊長shine

Dsc058651024x768

アルザス思い出の旅は始まったばかりです・・・・・・

つづく・・・・・・・

2017年1月24日 (火)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ④ ラヴェンナ渓谷〜フィリンゲン・シュベニンゲン  

Dsc052541024x768

バーゼルを後にしたツアーの皆様+お出かけ隊。

ただいまスイスとドイツの国境を通過しています・・・・・・・

テロ対策か、トラックは検問所で停車し検問を受けているようですが、我々のバスは特に何事もなく国境を通過しました

Dsc052581024x768

国境には、スイス・ドイツ・フランスの国旗が掲揚されています。

Dsc052591024x768

さて、バスはドイツのフライブルグを経てラヴェンナ渓谷をめざします。

Dsc052791024x768

案内役は、新人のゲロパンQheart02

すっかり先輩になったゲロパンОが色々とアドバイスしております。

Dsc052851024x768

2時間ほど走り、ラヴェンナ渓谷に到着。

Dsc052891024x768

渓谷らしく、所々に雪が残っています。

Dsc052911024x768

ここは、近年人気の場所。

渓谷にかけられた鉄道の高架橋の下に週末限定のクリスマスマーケットが開かれています。

Dsc052921024x768

「少し寒いですが、高架橋を目指し歩きましょうー」と張り切るゲロパンQ

Dsc052941024x768

「建物が見えてきました。もう少しですよー」

Dsc052951024x768

「カフェとかもありますね。」

Dsc052961024x768

お洒落なお家が見えてきました。

Dsc053021024x768

仕掛け時計のようですね。

Dsc053051024x768

Dsc053081024x768

こちらはホテルでしょうか・・・・・・

Dsc053121024x768

高架橋が見えてきました。


Dsc053151024x768

まだ少し歩きます。

Dsc053161024x768

上り坂です。

Dsc053211024x768

クリスマスマーケットが現れましたxmas

Dsc053221024x768

山中の渓谷にもかかわらず色々なお店が出ているようですscissors

Dsc053271024x768

「さて、ここからはゲロパンОがご案内します。」

Dsc053291024x768

クリスマスマーケットの真ん中には大きなツリー

Dsc053361024x768

「夜になるとライトアップされるらしいですねshine

Dsc053451024x768

「ソーセージや干し肉を売っていますね」

Dsc053481024x768

「こちらのお店はチーズですね」

Dsc053521024x768

ゲロパンОがクリスマスマーケットを駆け回っているその時、白熊二代目親子は小高い山を登っておりました。

Dsc053551024x768

ここからは、高架橋とクリスマスマーケットが一望できます。

Dsc053561024x768

高架橋は、現役の鉄道橋bullettrain

Dsc053581024x768

列車が行き来しますbullettrain

Dsc053621024x768

だんだんと日が暮れてきました・・・・・・・

Dsc053641024x768

徐々にライトアップされてきましたが、そろそろ集合時間が近づいてきました。

Dsc053791024x768

夜のとばりが完全に下りると幻想的でロマンチックな雰囲気shineになるでしょう・・・・・・・

Dsc053891024x768.

残念ながら、お出かけ隊はラヴェンナ渓谷を後にしなければなりません・・・・・・・

Dsc053921024x768

後ろ髪(クマにはありませんが・・・・・)をひかれる思いで勇退する白熊二代目隊長dash

Dsc053931024x768

さて、バスに乗り1時間ほど眠ったのち、

Dsc053951024x768

ドイツの小さな町、フィリンゲン・シュベニンゲンに到着しました。

今夜の宿泊地です。

Dsc053991024x768

ここは城壁に囲まれた町で、中世の雰囲気が漂います。

Dsc054001024x768

今夜は、ツアーに夕食がついていないため買い出しに出かけます。

この町でも20時ごろまでクリスマスマーケットが開かれているとのことでしたが、何故かこの日はお昼のみでマーケットは終了sad

希望者には、添乗員さんが町のレストランを案内してくださいますが、お出かけ隊は食より町の探検です。

Dsc054041024x768

小さな町ですが、ドラックストアーのMullertがありましたhappy01

大きなお店でとてもきらびやかですが、夕食になりそうなものは無しimpact

Dsc054081024x768

とりあえず静かな町を歩きますnotes

Dsc054061024x768

Dsc054131024x768

とても素敵な雰囲気で魅了されますheart04

Dsc054151024x768

アジア料理のレストランを発見しましたが面倒くさいので入店は見送り、

Dsc054191024x768

ローストチキンを売っていたファーストフード店を見つけたので、テイクアウトしてホテルの自室で食べることにします。

Dsc05423

ホテルは、「メルキュールアムフランツィスカーナ

我々のお部屋は、屋根裏みたいに壁が傾斜していて面白いですよheart02

Dsc05424

ドイツのお屋敷のようなお部屋で、ワインをいただきます・・・・・・

Dsc05421768x1024

明日は、お出かけ隊待望のフランス・アルザス地方に再訪しますheart

つづく・・・・・・





2017年1月23日 (月)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ③ バーゼル 

Dsc050111024x768

スイスへ来て2日目の朝・・・・・・

朝食会場に現れた白熊二代目親子restaurant

Dsc05016768x1024

「今日は、バーゼルのクリスマスマーケットを見てドイツへ行くのですね。」白熊三代目

Dsc050181024x768

「9時の出発まで時間があるので、ひらひらちゃんと散歩に行ってきます。」と外へ繰り出しました。

Dsc050201024x768

外は、まだ夜が明けきりません・・・・・・・・

Dsc05025768x1024

ホテルの照明が美しく輝きます。

Dsc050281024x768

道路の先に太陽が昇ります・・・・・・・

Dsc050301024x768

さて、出発時間となりました。

Dsc050331024x768

バスに乗り込みチューリッヒを後にします。

Dsc05045_1024x768

バスは郊外を走り、

Dsc05063_1024x768

1時間余りでバーゼルに到着です。

Dsc050781024x768

バーゼルは、ドイツ・フランスと国境を接するスイス第3の都市。

ライン川をはさみ市街地が広がります。

Dsc050801024x768

まず、バーゼル市立美術館 (Basler Kunstmuseum)を見学。

Dsc050811024x768

ここは、1662年創設のヨーロッパで最初の公開美術館です。

Dsc050831024x768

ホルバインの「墓の中のキリスト」にはじまり、レンブランド・ゴーギャン・セザンヌなど西欧絵画のコレクションが充実しています。

Dsc050851024x768

ロダン作の「カレーの市民」

Dsc05086_1024x768

中へ入りましょう・・・・・・・

Dsc050871024x768

ここからは、撮影禁止。そして鞄の持ち込み禁止なのでお出かけ隊はロッカーで待機することになりました。

Dsc050901024x768

ロッカーで待つ二代目隊長の怒りを恐れ、早々に外へ出ました・・・・・・・

Dsc050941024x768

さあこれから、バーゼルのクリスマスマーケットへ

クリスマスマーケットは、ミュンスター広場バルフュッサー広場で開かれています。

Dsc051001024x768

サンタ帽を被った団体に続き、リッターガッセを歩きます。

Dsc05104768x1024

道の先に大聖堂の塔が見えてきました。

Dsc051081024x768

ゴシック様式の大聖堂が青空に映え美しいです・・・・・・

Dsc051131024x768

ミュンスター広場に到着。

Dsc051151024x768

この奥でクリスマスマーケットが開かれています。

Dsc051171024x768

大聖堂をバックに記念撮影。

Dsc051271024x768

続いてミュンスターヘベルグを歩きます。

Dsc051331024x768

お店がたくさん並び、楽しそうです。

Dsc051341024x768

「バーゼルでゆっくりしたいのー」と白熊二代目親子

Dsc051381024x768_2


バルフュッサー広場に到着しました。

Dsc051421024x768

ここで、スイス最大級のクリスマスマーケットが開かれています。

Dsc051481024x768

ここからは、待望のフリータイム

屋根の上にたくさんぬいぐるみを乗せたお店を皮切りに、

Dsc051511024x768

クリスマスマーケットを探検します。

Dsc051521024x768

食べ物や、

Dsc051551024x768

アロマグッズ、

Dsc051581024x768

クリスマスオーナメント

Dsc051641024x768

工芸品などを売る

Dsc051701024x768

様々な独立した店舗が並びます。

Dsc05171768x1024

クリスマスタワーや、

Dsc051721024x768

サンタのそりを引くハスキー犬など屋根の上の装飾も見事です。

Dsc051741024x768

さて、白熊三代目&ひらひらのコンビもクリスマスマーケットを巡ります。

Dsc051751024x768

二匹仲良く、

Dsc051771024x768

いろいろなお店を見て回り、

Dsc051791024x768

バーゼルのクリスマスを満喫。

Dsc051831024x768

奥へ奥へと進む白熊三代目コンビ。

Dsc051851024x768

「パパー、ホットショコラがきたよー」白熊こども

Dsc051871024x768

こちらの親子は、お洒落なマグカップに入ったホットショコラを囲みホッコリとしていました。

このマグカップは、持ち帰れます。

Dsc051941024x768

さて、

白熊二代目お出かけ隊隊長も活動開始happy01

Dsc052021024x768

精力的にクリスマスマーケットを巡ります。

Dsc052041024x768

Dsc052061024x768

Dsc052071024x768

Dsc052091024x768

そろそろ集合時間が近づいてきました。

Dsc052111024x768

最後に、お土産のシュトーレンを購入し、

Dsc052121024x768

バーゼルのクリスマスマーケット探検を終了。

Dsc05214768x1024

再びツアーの皆様と合流し、

Dsc052171024x768

昼食のレストランへと向かいます。

Dsc052241024x768

レストランはこちらです・・・・

Dsc052291024x768

まずは、トマトスープから

Dsc052331024x768

ポークときのこのソテー

Dsc052361024x768

「デザートは、プリンです。」

Dsc05238768x1024

クリスマスムード満点のレストランで、

Dsc052391024x768

ツアー最初のお食事は和やかに終了し、

Dsc052421024x768

お出かけ隊は、次の目的地へと向かいます。

つづく・・・・・・・・・









2017年1月22日 (日)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ② チューリッヒ 

Dsc049591024x768

最初の目的地、チューリッヒ中央駅に降り立ったお出かけ隊・・・・・・

Dsc049601024x768

今回のツアーは、スイスのチューリッヒから入り、バーゼルを経由し、ドイツのラベンナ渓谷を訪れ、フランスのアルザス地方へ立ち寄り、再びドイツに入りシュトゥットガルト・ルートヴィスブルグを経てフランクフルトから帰国するという壮大?なルートです。

お出かけ隊の使命を全うし、ブログを見てくださる皆様に各地のクリスマスマーケットの風景や情報・雰囲気をお届けいたしますheart04

Dsc049641024x768

というわけで、いきなりチューリッヒ中央駅のホームを歩くツアーの皆様+お出かけ隊。

Dsc04962_1024x768

ヨーロッパの駅には改札がないので、

Dsc04961_1024x768

停車している列車のすぐそばを歩きます・・・・・・・

Dsc049671024x768

地下にもホームが有るようで、とても大きな駅です。

Dsc049661024x768

どこか上野駅を感じさせますねclub

Dsc049681024x768

さて、ツアーの皆様+お出かけ隊がここを訪れた理由は、

Dsc049701024x768

屋内としては最大のクリスマスマーケットが開かれているからなのですshine

Dsc049731024x768

ここでいきなり40分のフリータイムですhappy01

Dsc049741024x768

1年ぶりのクリスマスマーケットにお出かけ隊一同心躍ります・・・・・・・・

Dsc04982768x1024

マーケットの中央に大きなスワロフスキーのクリスマスツリーxmas

Dsc04976768x1024

神秘的に輝きますshine

Dsc049861024x768

クリスマスマーケットには色々な屋台が並びます。

Dsc049891024x768

一旦、駅の外へ出てみました。

Dsc049911024x768

通りの向こう側も賑やかそうで気になります・・・・・・・・

Dsc049901024x768

とりあえず、入り口で記念撮影。

Dsc049961024x768

「そろそろ中に入りましょうよsweat01とせかす平川(ベア)君

Dsc049941024x768

「仕方がないのーannoyと渋々従う二代目親子・・・・・・

Dsc049871024x768

再びクリスマスマーケットを巡るお出かけ隊・・・・・・

Dsc049971024x768

色々なお店がならびいくら見ても見飽きません

Dsc049991024x768

スワロフスキーのお店もありますshine

Dsc04998768x1024

あっという間に集合時間となり、

美しいクリスマスツリーに別れを告げ、今夜のホテルへと向かいます

Dsc050031024x768

今夜の宿は、クラウンプラザ チューリッヒ

Dsc050051024x768

スイスのホテルらしく、牛さんが居ます・・・・・・・・

Dsc05006768x1024

ヨーロッパの大地を駆け抜ける1週間が始まります。

ひとまず今日はおやすみなさいsleepy

つづく・・・・・・・

2017年1月21日 (土)

お出かけ隊欧州遠征 スイス・アルザス・ドイツのクリスマス ①  

大変長らくお待たせいたしました。

ただいまより、白熊二代目監修「お出かけ隊欧州遠征スイス・アルザス・ドイツのクリスマス」旅行記を掲載いたします。

Dsc048401024x768

2016年12月初めdiamond

関西国際空港とやって来た白熊二代目隊長shine・・・・・・・・

安心の阪神航空フレンドツアー「ルフトハンザドイツ航空利用スイス・アルザス・ドイツのクリスマス8日間」の旅に出発します。

Dsc048421024x768

これから、お出かけ隊を率いてヨーロッパへと向かう白熊二代目隊長、この日は、関西空港の「ホテル・日航関西空港」に前泊building

Dsc048441024x768

関西空港駅からホテルを見上げると、

Dsc048491024x768

窓に熊影が・・・・・・・・・・・・・

Dsc048511024x768

関西空港旅客ターミナルで、

Dsc048591024x768

食事&買い物を済ませ、

Dsc048601024x768

ホテルに戻ると、テッド兄弟annoyが窓から空港を眺めていました。

Dsc048711024x768

今回のお出かけ隊は、総勢19名編成

テッド兄弟は、事務所を出発ギリギリに実力行使(暴れたり物を壊したりと体が大きいので手に負えませんsweat01)でお出かけ隊に加わりました。

Dsc04875_1024x768

さて、翌日。

まずは、ルフトハンザドイツ航空741便でフランクフルトへ向かいます。

白熊二代目お出かけ隊隊長、午前8時に空港へ到着し早々にチェックインを済ませ、搭乗ゲーートへとやってきましたが、

Dsc04882_1024x768

時間が早いので、ひとまずラウンジで待機します。

Dsc048851024x768

お蕎麦とか、おにぎりとかの軽食が用意されていたので、軽く朝食をいただきます。

Dsc048881024x768

ゲロパンDもこの日のために体調を整え、元気に参加しています。

Dsc048911024x768

さて、搭乗開始。

今回もビジネスクラスなので「左から搭乗やsign03

Dsc04892_1024x768

勇ましく通路を進む白熊二代目お出かけ隊隊長dash

Dsc048941024x768

久しぶりのルフトハンザドイツ航空に乗り込みます。

Dsc048971024x768

広々としたシートに嬉々とする二代目隊長。

Dsc04898_1024x768

モニターにはドイツの風景が映し出され、盛り上がります。

Dsc04904_1024x768

お隣が空席だったのでお出かけ隊もシートに座り離陸を待ちます。

Dsc04910_1024x768

定刻午前10時50分過ぎにゲートを離れ離陸すると、ほどなくして食事が始まりました。

和食をチョイスするとこのようないろどり美しいオードブルが運ばれ、

Dsc049121024x768

二代目隊長ますます盛り上がります。

Dsc049131024x768

「ワインも飲んでねー」白熊こども

Dsc04915_1024x768

つづいてメインの豚肉煮込み料理。

Dsc049161024x768

「美味しそうですねー」ゲロパンDもエキサイティング

Dsc049201024x768

「デザートは、洋ナシのタルトだよ。コニャックもしっかり飲んでねー」と白熊こども

最近この子はお酒を執拗に勧める様になりましたcoldsweats01

Dsc049211024x768

「最後は、アールグレイとチョコレートで締めてくださいね。」平川(ベア)君

Dsc04923_1024x768

Dsc04924_1024x768

映画「チャーリーとチョコレート工場」を鑑賞し、ひと眠りすると・・・・・・

Dsc049281024x768

またまた食事の時間となりました

今回も和食をチョイス

Dsc049301024x768

「あと1時間で着陸やsign01さっさと食わんかいsign03」と相変わらず横暴な白熊二代目お出かけ隊隊長impact

Dsc049311024x768

無事、フランクフルトに到着。

ここで、予期せぬ出来事が・・・・・・shine

飛行機を降りたところで、ツアーの皆様が揃うのを待っていると、大変懐かしいお顔がhappy01

2年前、「お出かけ隊ドイツ遠征 阪神航空フレンドツアー クリスマスinドイツ」のツアーでご一緒した神戸のМ様ご夫妻がお出かけ隊が参加するこのツアーに参加されていました。

М様の奥様とは、前回のツアーで、ニュルンベルグのクリスマスマーケットにて二人して人込みをかき分け、最前列でクリストキントさんからクリスマスカードをもらった思い出がshineあり、予期せぬ再開が非常にうれしいです。

そして再びご一緒に旅することが出来、二代目隊長以下お出かけ隊一同も大感激です。

Dsc049351024x768

さて、幸せをかみしめながら、フランクフルトの旅客ターミナルを進むお出かけ隊dash

Dsc049371024x768

途中で、ツアーの皆様にはぐれ迷子になりながらcoldsweats02

Dsc04943_1024x768

広い広い空港をひたすら歩き、

Dsc04941_1024x768

乗り換えの搭乗ゲートへとやってきました。

ここから、スイスのチューリッヒへと向かいます。

Dsc04947_1024x768

1時間弱ほど飛行機に乗り、

Dsc04950_1024x768

チューリッヒの空港に到着しました。

チューリッヒの空港は、昨年のスイスグランドツアー で利用しましたから懐かしいです。

Dsc049521024x768

ほどなく、スーツケースを受け取り、

Dsc049541024x768

旅客ターミナルを後にし、

Dsc049551024x768

バスでチューリッヒ市内へと向かいます。

つづく・・・・・・

2017年1月 5日 (木)

謹賀新年2017

Dsc09144_1024x768

新年 あけましておめでとうございます。

本年も白熊ブログをよろしくお願いいたします。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック