明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑫ シュノンソー城 | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑭ パリ (リドのショー) »

2018年6月 8日 (金)

お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑬ シャルトル

Dsc01124_1024x768

シュノンソー城を出発したツアーの皆様+お出かけ隊。

約2時間30分のバスの旅ですが・・・・・・・

この車内で、お出かけ隊がパリのガイドブックを見ながら明日の予定をあれこれと思案している時、

添乗員さんからthunder重大発表thunderがありましたtyphoon

Dsc01134

以下のような内容だったと思います

                   downwardleft

「実は皆様にお詫び申し上げなければならないことがございます。本日より2泊していただく予定のハイアットリージェンシー・パリ・エトワールですが、現在改修工事を行っておりその際に排水管を誤って切断してしまい客室が使用できない状態となっている旨の連絡を今朝受けました。 皆様には別のホテルに宿泊していただくことになり、日本のフレンドツアー本社と現地の手配会社が近辺の同等クラスのホテルを探したのですが、残念ながら対岸のホテルに宿泊することになりました。ホテル名は、マリオットホテル・リブゴーシュです。」

Dsc01135


と聞いたからさあ大変。ハイアットリージェンシー・パリ・エトワールは、このツアーでは宿泊確約のホテルだったのでツアーの皆様それぞれこのホテルを中心に明日のパリで・フリータイムの予定を立てていました。

お出かけ隊も、ハイアットリージェンシーはシャンゼリゼ通りにも近くこのホテルから出発する交通網を色々と調べて楽しみにしていたので責任者の白熊二代目お出かけ隊隊長は顔色を失います・・・・・・・

 

Dsc01141_1024x768

動揺するツアーの皆様+お出かけ隊を乗せて、バスはシャルトルの町へ入りました

Dsc01145_1024x768

Dsc01149_1024x768

これからシャルトルのノートルダム大聖堂を見学予定ですが、

Dsc01151_1024x768

「その前に昼食やsign03と動揺する白熊二代目sweat01

Dsc011541024x768

心を落ち着かせるため、綺麗なお花と記念撮影。

Dsc01157_1024x768

とりあえずツアーの皆様+お出かけ隊はレストランに入ります。

Dsc01159_1024x768

席につきツアーの皆様は、代替となったマリオットホテル・リブゴーシュがどのあたりにあるかを調べるのに大忙しdash

お出かけ隊も、アイフォンでインターネットを駆使して調べました・・・・・・どうやらホテルはモンパルナス地区にある様子。

添乗員さんからは「ご迷惑をおかけすることになるのでお好きなお飲み物を注文してください。会社が負担します。」とのお言葉をいただきました・・・・・・・

白熊二代目隊長は、今夜パリでLIDOのショーを予約しており、ホテルに迎えの車が来るので変更の連絡を添乗員さんにお願いしました。

ツアーの皆様の中にも予約の変更がある方がいらっしゃったりと添乗員さんはとても大変ですdash

Dsc011611024x768

そうこうしているうちに、サラダが来ました。

Dsc01164_1024x768

そして、魚のグリルクリームソースとリゾツト

Dsc011661024x768

デザートはアップルタルト

Dsc01167_1024x768

お飲み物は、白ワインの他に食後のショコラをいただきましたhappy01

Dsc01169_1024x768

「先のことを心配してもしょうがないので、とりあえずシャルトルを観光しましょうsign01

と宣言するゲロパンD

Dsc01171_1024x768

シャルトルの大聖堂が見えてきました。

Dsc01172_1024x768

そして、広場にChartresのモニュメント

Dsc01175_1024x768

平川(ベア)君も元気に先を歩きます。

Dsc01177_1024x768

「さあ、ゆきましょー」

Dsc01182_1024x768

静かな通りを少し歩き、

Dsc01186_1024x768

シャルトルの大聖堂へ

Dsc01188768x1024

「シャルトルは、古くから司教座がおかれた都市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)はゴシック建築の傑作として知られます。」

Dsc011901024x768

「左右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっています。左側はゴシック様式、右側はロマネスク様式です。」

とホテルの件で動揺する白熊二代目お出かけ隊隊長に代わり解説する平川(ベア)君とゲロパンD

Dsc01198768x1024

白熊二代目親子が記念撮影する大聖堂の上には薄黒い雲が・・・・・・

まるで今の白熊二代目の心を現しているかのようです。

Dsc012011024x768

気を取り直して大聖堂内部へと向かう白熊二代目お出かけ隊隊長sweat01

Dsc01203768x1024

内部は明るく綺麗です。ここを多くの巡礼者が訪れました。

Dsc012041024x768

「シャルトルの大聖堂は、ステンドグラスが有名でございます。ファサードのバラ窓や、キリストの家系図を表した側廊のステンドグラス「エッサイの根」は、「シャルトルの青」といわれる青みのあるステンドグラスで、13世紀のステンドグラスの極点として知られているのでございます。」

と動揺を隠し解説する白熊二代目お出かけ隊隊長

Dsc012071024x768

Dsc01208768x1024

Dsc01216768x1024

Dsc012281024x768

Dsc012361024x768

Dsc01243768x1024

「アンリ4世は歴代の王のうち、唯一ランスではなくシャルトル大聖堂で戴冠式を挙げた方でございます。大聖堂は、1979年にユネスコの世界遺産に登録をいたしたのでございます。」

Dsc01244768x1024

「大聖堂の中は、晴れた日の午後遅くが最も美しいといわれております。ステンドグラスを通じて差し込む光がとても淡くて幻想的な色を作り出すのでございます。」

 

Dsc012451024x768

Dsc012511024x768

Dsc01267768x1024

外へ出た白熊二代目お出かけ隊隊長。

Dsc01280768x1024

気のせいか、日差しが明るくなり薄黒い雲が流れていくようですhappy01

Dsc012701024x768

こちらには青空がsun

Dsc01273768x1024

お土産屋さんを眺めているうちに、

Dsc01276768x1024

集合時間が近づいてきました・・・・

Dsc012851024x768

シャルトルの大聖堂に別れを告げ、

Dsc012931024x768

さあ、華の都パリに向かいましょうsign03


つづく・・・・・・

« お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑫ シュノンソー城 | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑭ パリ (リドのショー) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530880/66797802

この記事へのトラックバック一覧です: お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑬ シャルトル:

« お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑫ シュノンソー城 | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 春のフランス印象派の旅 ⑭ パリ (リドのショー) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック