明田税務会計事務所HP

二代目

  • Anime4b4fe_2

« お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑰ ☆煌めくウィーンのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑲ ☆ウイーン街歩き そのⅡ »

2020年4月28日 (火)

お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑱ ☆ウィーン街歩き

 

ツアー6日目の朝。

Dsc04843

この日も一日フリータイムです・・・・・

お出かけ隊は、午前9時にホテルを出発。

Dsc04846

「今日もウィーンの街を楽しもう!」

と宣言し

Dsc04850

ホテルを出ましたが、この日は曇り空・・・・

「昨日、馬車に乗って良かったじゃろ!」

とほくそ笑む白熊二代目隊長

Dsc04854

この日は、現地ガイドさんがつきます・・・・・

このクマさんは、ホテルのギフトショップに勤めていた子で先ほど白熊二代目隊長がスカウトし、市内ガイドとしてお出かけ隊を先導します。

ハキハキとした態度の大変性格の良いクマさんですが、ショップの奥の棚の上に置かれ、5ユーロという破格の値段で売買されたのでこのクマさんには人知れぬ苦労があったことでしょう・・・・・

 

Dsc04861

「では、まずはホテル前のクアサロンからご案内します。クアサロン(Kursalon)は、ウィーン市中心地にあるゴージャスなコンサートサロンで、黄色い外観が目立つ大きな美しい建物です。ここは、Sound of Viennaという会社が運営し、サロン室内楽団アルト・ウィーンが演奏するコンサートが評判で、コンサートは毎晩のように夜8時15分から開かれています。」

Dsc04862

続いて、市民公園へ・・・・・

「市民公園 Stadtparkは、1862年にウィーン改造計画の一環として建設されたウ ィーン初の市立公園です。緑豊かな園内には、シュトラウ ス、シューベルト、レハール、ブルックナー、などの大音楽家そして画家の像があります。」

Dsc04864

「こちらが、皆様良くご存じワルツ王のヨハンシトラウス2世の像です。この像だけ金 色で光り輝いて います。記念撮影をされる方はどうぞ・・・」

Dsc04876

 というわけで、全員記念撮影。

Dsc04881

「白熊二代目隊長さまの希望により、ここからトラムに乗ります。」

Dsc04885

「よっしゃー!」

Dsc04893

と、機嫌よくトラムの乗客となった白熊二代目お出かけ隊隊長。

Dsc04897

流れる景色をしばし楽しみます。

Dsc04912

シュバーデンプラッツで降りようと思いましたが、トラムがリンク道路をはずれ、郊外へ向かうようなのでそのままひと区間だけ乗車しました。

Dsc04914

見知らぬ街角・・・・・

Dsc04920

いつの日か、トラムに乗ってこの先のまだ見ぬ場所へ行きたい白熊二代目(乗りもの好き)です。

Dsc04924

さて、ガイド君、

「この川は、ドナウ川の運河です。」

「青きドナウの岸辺に🎶 生まれた一匹のクマ🎶

と歌います・・・・・

 

Dsc04930

さて、お出かけ隊はローテントゥルム通りを歩きシュテファン寺院を目指します。

Dsc04935

おなじみの、白熊十四代目です。

Dsc04938

「二代目さーん、ここでお土産買うんでしょー」と叫びます。

Dsc04944

買い物の後は、シュテファン寺院を見学し、

 

Dsc04947

グラーベン通りへ

Dsc04949

愛知県名古屋市内から来たYABATON(矢場とん)君。

Dsc04952

ガイド君から教わったある場所へ・・・・・

 

Dsc04954

 

「Cafe Mozart」(カフェ・モーツアルト)です・

昨日、馬車に乗った後見かけたお店で、たくさん人が並んでいましたが・・・・・・

Dsc04955

「今日は空いてますよー」

Dsc04958

「ウィーンには歴史あるカフェがたくさんありますが、その中の1つ「Cafe Mozart」もとても有名な伝統的なカフェです。最初にこの場所にカフェが出来たのはモーツァルトが無くなった3年後の1794年。1882年に一度カフェは閉まりますが、1929年、今の建物に「Cafe Mozart」としてオープン。現在に至ります。内装はキレイに新しくされていますが、高い天井やカフェの外観からは昔の面影を見る事が出来ます。」


Dsc04962

「このカフェ、1949年のイギリス映画「第三の男」にも登場するんじゃろ!」

「第二次世界大戦後、オーストリアの首都ウィーンがアメリカ、イギリス、フランス、ソ連の4カ国統治下にあった時代を背景にするサスペンス映画。1950年のアカデミー撮影賞を受賞した作品でもありますこの映画に「Cafe Mozart」が登場しているのでございます。」

と口を挟む白熊二代目お出かけ隊隊長

 

 

Dsc04965

モーツアルト・トルテを注文しました。

 

Dsc04970

 そして、小さなマシュマロがトッピングされたホットショコラが運ばれてきました。

 モーツアルト・トルテ とても美味しかったです😃

白熊二代目親子は、記念撮影です。

Dsc04977

ホットショコラで口の中が甘くなったので、紅茶を注文。

そしたら、シュガーの棒がついてきました・・・・・・

 

Dsc04981

「Cafe Mozart」は、 ウィーン国立歌劇場の裏手、そしてアルベルティ―ナ美術館の向かいにある、とてもおしゃれでエレガントなカフェでした。

「それでは、次に参りましょー」

 

 

Dsc04989

やってきたのは、ホーフブルグ宮殿。

Dsc04992

「ウィーンのホーフブルク王宮は、世界最大級の宮殿複合体です。最古の部分は13世紀に建てられ、最新部分は20世紀初頭に完成しました。ホーフブルク王宮は1918年まで、歴代ハプスブルク皇帝の居城であり政権中枢でした。現在は数多くの博物館に貴重な文化遺産が展示されているほか、スペイン式宮廷馬術学校、会議センター、オーストリア共和国大統領官邸があり、隣接して歴史的なヘルデンプラッツの広場があります。」

 

Dsc04999

「ここは昨日も来たんや!」

 

Dsc04997

「それよりも、ミヒャエル広場のクリスマスマーケットを探検や!」

 

Dsc05003

とても小さなクリスマスマーケットですが、洒落たアクセサリーやクリスマスオーナメントを売っています。

白熊二代目は、ここでクリスマスのブローチを購入。

 

Dsc05004

この日は月曜日、そしてまだお昼前なので馬車がたくさん待機していました。

Dsc05007

「さあ、次はお土産を買いに行くんや。」

と、ミヒャエル教会をバックに宣言し、

Dsc05008

コールマルクトを快走し、

Dsc05009

やってきたのは、ウィーンの皇室御用達カフェ「デメル」


Dsc05014

「ウィーンの二大老舗カフェといえば、ザッハトルテで有名なカフェ・ザッハーと、ここデメル(Demel)でございます。この二つのカフェは、どちらもハプスブルク家や貴族との関係も深くケーキも有名でございます。それに伴い、わしらもここのケーキをお土産に購入する使命を帯びてやってきたのでございます。」

と、この店にやってきた理由を述べ、

Dsc05015 

「1786年、モーツァルトがウィーンで活躍していた頃、現在のデメルからほど近い王宮の横には、旧ブルク劇場がございました。この楽屋口のすぐ横に、Ludwig Dehneが作ったケーキ屋さんが、デメルの始まりと言われているのでございます。」

「このお店は、王宮と劇場のすぐそばという地の利を得て、ハプスブルク家御用達ケーキ店になり、人気を博すのでございます。」

「その後、ケーキ職人だったChristoph Demelが店を継ぎ、当時のウィーンの上流階級が顧客となります。美貌の皇妃エリザベートの好んだスミレの砂糖漬けは、現在でも店頭に並んでいますし、女優のカタリナ・シュラットや、宰相メッテルニヒの孫で社交界の花形だったパウリ―ネ・フォン・メッテルニヒも、ここのお菓子を好んだと言われているのでございます。」

デメルの歴史を語りだす白熊二代目お出かけ隊隊長


 

Dsc05017

「ウィーンの都市改造に伴い、劇場が取り壊されて王宮の一部が改築されたため、1887年に今の場所に移ったのでございます。」

「1919年にハプスブルク帝国が終焉を迎えた時、デメルを取り仕切っていたのは、クリストフの未亡人のアンナ・デメルでございました。当時禁止されていた貴族の称号や、皇室御用達の呼称の使用も続け、昔ながらの経営を続けていったのでございます。彼女の名前を通したアンナトルテは、名物ケーキの一つでございます。カフェ・ザッハと同じく、デメルも女主人が、揺れ動く時代のかじ取りをしていたわけでございました。次の代のクララ・デメルは、貴族の末裔の芸術家と結婚し、デメルの美的センスはぐっと上がっていったのでございます。ウィーン工房などの世紀末デザインを取り入れたパッケージは今なお愛され、デメルのショーウィンドーはウィーンの名物にもなっているのでございます。」

 

 

白熊二代目お出かけ隊隊長の非常に長いお話しでした・・・・・・

 

Dsc05019

「白熊二代目さんは、ウィーンについて本当によく勉強されていますね、」

と感嘆の声を上げるガイド君

Dsc05022

「さて次はどこへ行きましょうか?」

Dsc05031

「やはり、クリスマスマーケットですね。」

Dsc05038

と案内されたのは、アム・ホーフ教会前のクリスマスマーケット


 

Dsc05040

このクリスマスマーケットは、旧市街の奥に位置し、そのロケーションから、観光客の姿は少なめです。

 

 

Dsc05044

ここのクリスマスマーケットでは、食料品や、

Dsc05050

工芸品などが並べられています。

Dsc05053

珍しいクッキーも売られていました。

Dsc05058

人はまだ少ないマーケットをどんどん探検します。

Dsc05061

ちなみに、アーム・ホフ教会は、アムホーフ広場に面した白亜の教会で、内部はバロックの豪華な装飾で彩られています。」

Dsc05062

昨日、馬車に乗りながら見たクリスマスマーケットは、

Dsc05063

とても魅力的な品ぞろえ。

 

Dsc05064

観光客は皆無で穴場的存在です。

Dsc05074

 

Dsc05076

 

Dsc05079

「色々買い物できたんや!次はどこへ行くんや!」

Dsc05089

「さて、お次はアムホーフにもほど近い広場、フライウングのクリスマスマーケットです。」


 

 

 

 

 

Dsc05091

ここも穴場的存在。

 

Dsc05092

お出かけ隊、ワクワクしながら探検します。

Dsc05108

 先ほどのクリスマスマーケットとは微妙に品ぞろえが異なります。

 

Dsc05104

 歩いて歩いて、

Dsc05113

 クリスマスマーケットを堪能し、

 

Dsc05115

 お出かけ隊は次へ向かいます。

Dsc05117

 歩道にもお店が出ていて、

Dsc05119

 いくら歩いても飽きさせません。

Dsc05124

 お出かけ隊は、

Dsc05125

 ある建物の中に、

Dsc05127

 パッサージュを進むと、

Dsc05130

 先ほどの広場の前へ逆戻り。

Dsc05141

 今度は、細い路地に入り込み、

Dsc05145

 建物のトンネルを通過し、

Dsc05152

 小さな広場を横切って、

Dsc05156

 グラーベ通りへと出ました。

Dsc05161

「買い物して荷物が増えたから、いったんホテルへ戻るんや!」

との白熊二代目お出かけ隊隊長命令により、

Dsc05167

ケルントナー通りを歩き、地下鉄に乗りホテルへ戻ります。

Dsc05175

 ホテルでお出かけ隊一同しばし休憩です。

 

つづく・・・・・

 

 

 

 

 

« お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑰ ☆煌めくウィーンのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑲ ☆ウイーン街歩き そのⅡ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑰ ☆煌めくウィーンのクリスマスマーケット | トップページ | お出かけ隊欧州遠征 ザルツブルグとウィーンのクリスマス ⑲ ☆ウイーン街歩き そのⅡ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック